スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第36回 「高杉晋作の遺言」 あらすじ・感想

 もはや脱落しかかっている大河ドラマ「花燃ゆ」。今回も何とか視聴はしましたが...新脚本家もダメダメな悪寒...
 
 奇兵隊の活躍で幕府軍に勝利したものの、高杉晋作は吐血し、倒れてしまいます。

 嫁と愛人が看病を嫌ったためか、文改め美和が高杉の看病のため、奥御殿を出て、下関に向かうことになります。
 若君の守役の美和に結核に冒された高杉の看病させて大丈夫なのかと心配になりますが、美和のATフィールドで、結核菌も防御できるみたいです。

 献身的な看病の甲斐もなく、死期迫る高杉から、小田村と美和は、日本の将来を託されます。小田村さんこそ、新しい日本に必要な人材だそうです...
 高杉と野村望東尼とのエピソードは、紀行で紹介されます...
 美和の心に、松下村塾でのおにぎり作りの青春の日々がフラッシュバックし、思わず涙します。
 そういや最近、赤禰武人さんを見かけませんが、どうなったのでしょうか(棒読)。

 京都での決戦が迫る中、天才軍師美和は偽の錦の御旗を掲げる秘策を伝授するため、久坂玄瑞の隠し子を探すため、美和は一人、京都へ向かいます!

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。