スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第29回 「女たちの園」 あらすじ・感想

 「大奥編」に突入して、視聴率がV字回復した「花燃ゆ」。スタッフが勘違いして変な方向に行かないか心配です。

 長州藩の自称「大奥」に潜入した文改め美和は、列強と交渉中の高杉晋作に「みかわしの服」を送るクエストに成功し、レベル3侍女にレベルアップします。経験値を積んだ美和は、滅亡寸前の長州藩を救うべく、萩への引っ越しに伴う「大奥」のリストラという新たなクエストを与えられます。
 新参者の美和がリストラ責任者となったことから、文は「大奥」から総スカンを食らいます。
 リストラのヒントをつかむべく、美女鞠とともにダンジョンの大奥のさらに奥の深淵に向かった美和は、そこで大奥の主の老婆に出合います。美和の毒気にやられた老婆は卒倒してしまいますが、薬草で回復。老婆は美和に協力することになります。
 宝物庫にたどり着いた美和は、毛利家重大の宝物が使われないまま山積みになっているのを発見します。
 美和は、毛利家滅亡の危機を前に、使わない宝物を置いておいても仕方がない。売り払って武器を買って、幕府軍関係者の懐柔資金や長州の武力強化に充てましょう!宝物を売り払ってリストラ資金に充てましょう!と登美姫に直訴、無事にリストラは成功します。長州藩滅亡の淵にあるのに、大奥は平和ですね。

 ところが、大奥リストラ成功の直後、乃木坂46が退去して大奥入り!どうやら世子毛利元徳公の側室候補として、大奥入りするみたいです。いっそ、主人公を石橋杏奈さんにチェンジしてほしい。
 次回、大奥では、お世継ぎ問題勃発だそうです。第一次長州征伐の最中に、世子がアイドルグループと子作りに励むとは、ギャグでしょうか???

 一方、外の世界では悪役椋梨藤太が暗躍します。
 極悪人にしか見えない長州征討軍実質的司令官の西郷隆盛は、長州藩関係者では数少ない常識人の岩国藩主に長州藩和睦の条件として、藩主の謝罪と三家老の切腹&指導者層の処罰を求めるという、実に寛大な条件厳しい条件を提示します。そこになぜか椋梨藤太が!!!

 悪役椋梨は、幕府の圧力を利用して復権を図るべく、周布さんを唆して自害に追い込み(幕末長州のファンの方、怒ってはいけません...),政敵の攘夷派を抹殺します。
 また、ニンジャ軍団に井上馨を暗殺させ、井上は瀕死の重傷を負います。
 井上の死を覚悟した家族は井上を介錯しようとしますが、母が身をかばって守り、奇跡的に一命を取り留めます...なんて感動の場面は無いです...
 一時は幕府に対する真の忠誠とか言っていた小田村は討幕派に転向したため、椋梨の処罰対象となります。同じく処罰対象となった高杉晋作は、身の危険を感じて逃走。
 京では顔の大きな辰路は久坂の子を産みます。
 久坂達の粛正が描かれなかったため、椋梨の反撃から長州藩の粛正が始まるようにされています...

 幕末ファンを敵に回しそうな「花燃ゆ」。前作、「軍師官兵衛」では、幼少時にお家滅亡して淡路に逃亡した小寺政職を「播磨を出たことのないバカ殿」というトンデモ設定にして播磨の戦国ファンを呆れさせましたが、マイナーな播磨の戦国ファンと違って、幕末ファンは数が段違いです。さらなる歴史ファン・大河ファン離れに突入する予感...
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。