スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第27回「妻のたたかい」 あらすじ・感想

 禁門の変の第2回目の今回は、衝撃の展開が待っていました。
 
 長州の久坂玄瑞は、長州藩の振る舞いに激怒した孝明天皇に長州の許しを強要すべく兵を連れて鷹司邸に土足で乱入。
 あまりにも無茶苦茶な長州勢の行動に、さすがの鷹司卿も帝への取次を拒否します。
 久坂玄瑞は寺島忠三郎と自刃。脱出しようとした入江九一も戦死。
 これであっけなく禁門の変は終了します。真木和泉の最後とか、その後の顛末はスルー。

 長州のそうせい公は、帝の逆鱗に触れ朝敵認定されたことに驚愕しますが、さらに斜め上の展開が!!!

 最大の戦犯の一人、久坂玄瑞を処罰すべく久坂家は取り潰しになります。
 文は、なぜかなぜか、悪役の藩重臣、椋梨藤太夫妻に久坂家取り潰し撤回の取次を頼みますが、当然のことながら断られます。
 自分が久坂家を守ると夫と約束したとか、子供に孟子を教えたいとか、朝敵認定と欧米列強の連合艦隊の攻撃を前に藩が危機に瀕しているにも関わらず、身勝手な主張を繰り返す文にドン引きです。
 椋梨に嘲笑された文は、夫を殺した連中への復讐を誓い、権力奪取を目指します。
 手っ取り早く権力を手に入れるべく、文は長州藩の「大奥」に潜り込み、下働きの女中から人生を再スタートさせます!
 長州藩が朝敵認定され、取り潰しの危険に直面しているのに、「大奥」に潜り込んで権力を握ろうと考えるのは、文が明治維新をも見通したニュータイプだからに違いありません!!!

 久坂を殺した連中というのは、常識的には「会津と薩摩」で、さらには孝明天皇のご命令だと思いますが(孝明天皇が長州藩に激怒されるのも当然だと思いますが...)、どうやらこのドラマでは椋梨夫婦が久坂を殺した連中ということになるかもしれません(爆)。

 この路線を続ければ、伝説のドラマになりそうですが、脚本家三人制の弊害で、設定がつながらない花燃ゆでは、全く期待できません。
 多分、秋には久坂のことは忘れて、初恋の人、JIN小田村に一途な愛を貫いていることでしょう!!!

 史実の久坂玄瑞に合掌...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。