スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第26回「夫の約束」 あらすじ・感想

 いよいよ中盤の山場の禁門の変に突入した「花燃ゆ」。今回は面白かったです!主人公の登場するシーンを除いては...
 それではあらすじ。

 暑苦しいスクールウォーズ来島又兵衛と滑舌の悪い久坂玄瑞は、軍勢を率いて入京禁止のはずの京都に乱入。暴力を背景に朝廷に要求を通そうとする不敬な活動に出ます。
 このような自己矛盾な輩や「私の愛する長州」等とテロ組織を称賛しつつテロとの戦いを訴える矛盾した主張を抑えるためにも、2017年の大河ドラマは、ぜひ「鈴木貫太郎」でお願いします。
 
 ようやく登場した毛利元徳公の説得も聞かず暴走を続ける来島又兵衛と藩の大事にも関わらず愛人と愛人との子のことを優先するボンクラ久坂玄瑞は、武威を背景に孝明天皇に不当な要求を突きつけます。
 孝明天皇が絶大な信頼を置く松平容保(ドラマではスルー)率いる会津藩と後に日本教の殉教者となる西郷隆盛は、「明るく激しいプロレス」を唱え、テロ集団長州維新軍団を迎え撃ちます。

 暑苦しい来島一味は、畏れ多くも御所を襲撃。どこかにいるはずの山本覚馬等、会津勢と蛤御門で交戦。悪役にされてしまった西郷隆盛役が「三代目鬼吉川」吉川晃司さんだったら良かったのにと思いつつ、2分で禁門の変は終了。復興大河の八重の桜より、はるかに金がかかっていないドラマになっています。
 
 一方、萩の文は、引っ越しだなんだで、口を三角にして椋梨夫人と口論。への字口は×。
 文なんかより、年齢を経ても美人な幾松役の雛形あきこさんや、井川遥さんの登場シーンを増やせと言いたい...
 
 次回、久坂が死んで、文は大手を振って初恋の人JIN小田村とイチャイチャできるようになります。第一話の河原ドンから、ようやく念願がかなうみたいです。
 新選組や真木和泉が登場しない禁門の変も斬新ですが、単に忘れられているだけなのか???。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。