スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第24回「母となるために」 あらすじ・感想

 低視聴率で評判の大河ドラマ「花燃ゆ」。今回も残念な内容でした...

 それでは、あらすじ。
 8月18日の政変を受け、長州藩と急進派の公家は京から追放されます。
 長州に戻った久坂は文に京都の芸妓と関係を持ったことを告白。文との間の空気が微妙なものとなります。
 
 その頃、怒りに燃える長州藩では来島又兵衛等急進派の勢いが増し、京都へ軍勢を派遣しようとする進発論が広まります。
 JIN小田村は慎重論を唱え、来島を抑えようとしますが、急進派の勢いは収まりません。

 入京が禁止されている京へ上り、長州復権のための政治工作に励もうとする久坂玄瑞は、死を覚悟します。
 久坂は京美人とはよろしくやりながら、不細工な妻の文とは、何年も文通以外の交流が無かったためか、子がありませんでした。ドラマでは何度も長州藩内で文と久坂が会っているように史実を改変しているため、その間、久坂と文は子作りをしていなかったことに若干の奇異を感じてしまいます。
 久坂玄瑞は、文の初恋の人JIN小田村と姉寿の次男久米次郎を久坂家の養子にしようとします。小田村に養子縁組を頼みますが、小田村は久坂に「父としての務めを果たすのが条件だ」と、暗に久坂に死に急ぐなと諭します。
 このドラマでは、文=小田村、文=久坂と、主人公文を中心とした関係ばかり描かれ、小田村=久坂の義兄弟の関係については、あまり触れられていませんでした。久坂と小田村との間には深い繋がりと信頼があるはずですが、今まで描写されてこなかったので、非常に唐突な感もあります。

 文はこれに反発。家名断絶を避けるべく身内から養子をとるといった話は、この時代には非常にありふれた話ですが、寿も養子縁組に反対し、養子話がウダウダと続きます(ドラマ序盤と後半の大半が養子話に費やされてしまいます...)。そんなことより、長州藩内外の政治情勢を描くべきだろ!と感じたら負けです。
 そもそも今回のサブタイトルが「過ちを許し永遠の愛を誓うか」と、当時の人が聞いたら、現代の感覚が強すぎて、唖然とするようなタイトルなので...

 長州藩政の中枢に抜擢された高杉晋作は、周布とJIN小田村の依頼を受け、暴発を抑えるべく来島を説得に行きますが、来島と口論となります。感極まった部下と熱い抱擁を交わす等、どう見ても体罰上等の熱血教師としか思えない来島は、高杉を挑発し、ともに京へ上ろうとしますが、高杉は反発。二人は決裂します。
 高杉が軍勢を連れての上洛を断った理由は、「来島とは合わないから」みたいです。
 
 高杉達も政治工作のため京に上りますが、高杉・久坂等は新選組の沖田総司と第一種接近遭遇。高杉晋作は、自分から名前を名乗った上、ピストルを発射して逃走します。この後、高杉が脱藩したことが判明。暴れ牛の名は伊達ではありません!

 公家の接待を任された文は、強硬派の公家の三条実美に、京銘菓の八つ橋を作り、強硬派の皆さんに京の味を思い出させて戦争をやめさせ、京を戦火から守ろうとします! 
 一方、悪役椋梨は長州藩内で暗躍。何か悪巧みをしていますが、なぜか文が立ち聞きしています。久坂の嫁がいる傍で機密話をするとは、椋梨さんもうっかりの度が過ぎます...

 次回以降、池田屋事件、禁門の変と続きますが、
 文のお菓子は京都の街を救うことができるでしょうか!!!

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コミックゼノンも大河ドラマもモヤモヤしながらも観てしまう

Re: No title

> コミックゼノンも大河ドラマもモヤモヤしながらも観てしまう
もやもやしつつも、見てしまいますよね。

「八重の桜」は、会津編は面白かったのですが、京都編になってモヤモヤ感が出てきました。
とどめを刺されたのが、八重の腕相撲でした...あれから見ていません(最終話だけは見ました)。

この間の花燃ゆの視聴率が10%を切りましたが、その前の回の新撰組の扱いをみて、何とか耐えながら見ていた方も視聴を止めたのかも(^_^;)
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。