スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第23回「夫の告白」 あらすじ・感想

 今回は壮絶につまらなかった花燃ゆ。伝説に残るドラマになりそうです!

 それではあらすじ。
 朝廷と幕府は、商船に無差別攻撃するような痛いテロリストを一掃すべく「8月18日の政変」で長州と攘夷派の公家を追放します。失意の久坂玄瑞は、薩摩の密偵の芸妓辰路にハニートラップを仕掛けられていたことを知り、さらに落ち込みます(もちろん冤罪です)。 
 ハニートラップに引っかかって長州藩を不利な立場に落とし入れたアホアホ久坂玄瑞は真剣に反省することもなく、毒を食らわば皿までと芸妓の辰路と関係を結んでしまいます。
 
 長州の高杉晋作は京の政変を聞き、激怒。奇兵隊を率いて京に上ろうとします。そこへなぜか登場した小田村JIN伊之助が、「無謀な行動をとるな」と高杉を叱責。小田村さん、あんた、下関事件のとき散々砲撃を焚き付けておきながら何を言っているのか!、視聴者もブチ切れ寸前...どうしようもないドラマの作り話だと分かっているのですが、本当に小田村には出てこないでほしい...
 
 長州に戻った久坂は、なぜか文と面会。京の愛人とできてしまったことを文に告白(恒例の作り話)。今日の題名「夫の告白」とは愛人とできちゃったことの夫の告白でした♡
 そんなことより、もっと書くべき話があるだろうとブチ切れそうになります。ここまで酷い久坂下げに久坂玄瑞が可愛そうです...久坂は、外国と貿易する国賊として、薩摩商人を殺害する加徳丸事件のようなテロを起こすようなアレな人ですが、義兄とイチャイチャするような非常識な嫁より愛人を選ぶ気持ちもわからんではありません。

 以上のようなグダグダな状況で、障害を持つ松陰の弟、敏三郎は奇兵隊への参加を希望します。文は弟の障害を理由に参加を諦めさせようとしますが、ひたすら鬱陶しい...敏三郎が覚悟を決めているのに、足を引っ張るのはやめろと言いたい...さらに鬱陶しいのが母の滝。あんたの息子の吉田松陰のせいで、多くの若者が命を落としてきたのに、息子の敏三郎だけは安全なところに置いときたいとは...この母も文&小田村同様、ドラマに出てこないで欲しい...

 イケメン大河と銘打ちながら、一番の男前の東山紀之演じる桂小五郎の出番が「8月18日の政変」の回にも関わらず、ほとんど無いとか、このドラマの悪い部分が凝縮されたような回でした...

 ところで、安倍首相は訪問先のウクライナで吉田松陰の言葉を引用して、「『志を立ててもって万事の源となす』。私の故郷の吉田松陰先生の言葉です。志なき改革は成就しない」とあいさつしていましたが、もし吉田松陰が現代のウクライナに生きていたならプーチン暗殺でもやりかねないような(^_^;)
 引用 ⇒ 改革に志を 安倍首相、イベントあいさつで故郷の吉田松陰の言葉引用
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おもしろい!お気に入りに入れさせていただきました!

長州だげじゃ?

この時期薩摩でも薩英戦争勃発してたハズですよね?記憶違いか?
まるで「天下で真に国を憂えていたのは長州だげじゃ!」って本気で脚本家様は考えてるのでしょうか…

Re: No title

> おもしろい!お気に入りに入れさせていただきました!
ありがとうございます。
本来は播磨の歴史漫画を描くブログだったのですが、最近は忙しく漫画が描けていません(汗)

Re: 長州だげじゃ?

> この時期薩摩でも薩英戦争勃発してたハズですよね?記憶違いか?
その通りです!
が...

> まるで「天下で真に国を憂えていたのは長州だげじゃ!」って本気で脚本家様は考えてるのでしょうか…
 難しい歴史エピソードを入れるとスイーツ志向の視聴者が逃げるので、「花燃ゆ」では、できるだけ歴史的なイベントは描写しない方針...のようです。
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。