スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和な朝ドラと「まれ」

 昭和な朝ドラだと、主人公は○○業界のパイオニアだとか、女手一つで事業を成功させ大企業に成長させたとか、七難八苦に見舞われながらも運命の人と結ばれたとか、やたらドラマチックな展開が繰り広げられます。特に、女性の社会進出が色眼鏡で見られていた時代に、社会の偏見に耐えながらも事業を成功させ、日本社会を変えていく主人公の姿が定番となっていました。
 しかし、平成の朝ドラでは、主人公が影響を及ぼす範囲が減っていく作品が増えていきますw
 もちろん、カーネーションの主人公のように「和服中心の日本女性に洋装を広めよう!」とか、マッサンの主人公のように「日本で夫とともにウィスキー作りを始めよう!」といった壮大な目標を掲げた昭和テイストな作品もありますが、モデルなしの創作作品は主人公が影響を及ぼす範囲が極めて狭い作品が多いような気がします(「梅ちゃん」先生は、蒲田で地域医療に携わろうという目標がありますので、例外的に影響範囲が主人公の周囲3kmくらいはあります)。

 今放映中の「まれ」は、主人公が輪島市職員を経て、洋菓子職人になるというストーリーですが、影響範囲は主人公の周囲100mくらいしかありません。今のところ、輪島市職員として、輪島市への定住者のお手伝いをするという仕事をしているので、ある程度の影響力があるのですが、洋菓子職人になってしまえば影響範囲は10mくらいに減ってしまうかもしれません。
 昭和な朝ドラですと、主人公は「洋菓子文化が広まっていない日本で洋菓子を広めようとするパイオニア」だとか、「輪島塗の職人の家に嫁ぐも、家業は傾いてしまい、夫は病床に。幼い子を育てながら、家業を立て直し、輪島塗を復興させる」といった人物になるでしょう。
 
 このドラマ中の「まれ」の評価では、市役所職員は夢が無い人向けの職場とされていますが、輪島市の定住者を増やして人口を倍にするとか、産業振興を図って輪島塗の出荷高を倍にするとかしたら、社会的な貢献は非常に高いと思うんですがね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。