スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第18回「龍馬!登場」 あらすじ・感想

 冒頭、水戸浪士達により、桜田門外で大老井伊直弼が暗殺されたことが説明されます。期待した立ち回りは一切、ありません...
 このドラマでは単なるバカの久坂玄瑞は、桜田門外の変は長州の手でやるべきだった等と妄言を吐きます。脚本を書いている人は、もう少し日本の歴史を勉強した方が良いです。
 それ以前に、このドラマの松陰は、井伊大老は水戸がやるらしいから、僕らは間部老中を爆殺しよう!とか言っていたような...数話前の設定も(※追記参照)忘れてしまったのでしょうか(-_-;)

 一方、萩では松下村塾塾生が刑死した吉田松陰を偲んで、文お手製のおにぎりを食べます...
 その頃、長州藩では長井雅楽の航海遠略策が藩論となろうとしていました。過激なテロリスト久坂玄瑞は、長州藩が至極まっとうな路線を取る事が許せず、長井を批判します。なぜか小田村も反長井派。
 椋梨一派と仲が悪かったときは、長井は周布とともに松下村メンを援助していたのに、なぜ、今回、久坂と対立するのかといった説明は、ほとんどありません。そもそも、長井の航海遠略策を説明すると、考え方がおかしいのは久坂の方だと、視聴者に気づかれてしまうからでしょう。

 このドラマでは、単なるバカにしか見えない久坂は「なぜ、死罪になるとわかっていながら、松陰を江戸に送ったのか?」等と喚き散らします。
 しかし、このドラマでは、長州藩が松陰を見殺しにしたというより、松陰自身が「井伊大老も心を割って話せば説得できるよ!」とか「死罪になるような罪を告白すれば、井伊大老とお話しできるよ!」といったノリだったような???
 いい加減な脚本なので、矛盾まみれ...

 なお、第二主人公のJIN小田村は、他人の手柄のいい処取りばかりしていますので、一貫した姿勢なんか取れるはずもなく、政治的な立場がブレまくりになると思われます。小田村が下関事件について、どのような意見を言うのか非常に楽しみです。

 いよいよ、土佐の坂本龍馬が登場。伊原剛志さんには悪いのですが、龍馬というより、行商に来た山梨の小作人にしか見えません。龍馬伝の福山雅治さんが龍馬役で出ていれば話題になったのに...という感も...
 龍馬は久坂に会いに来たはずですが、文と会話して終了。久坂と龍馬の会談の場面は一切、ありません。文が主人公になってしまった弊害が出ています...

 こんな番組が、あと半年以上も続くのか...
 見ている方は愚痴れば済みますが、出演者は晒し者状態ですね...

追記
今回放送分から、新たな脚本家が追加されたとのことです。 
> 「花燃ゆ」は、脚本家の大島里美さんと宮村優子さんが「複数作家制」で執筆してきた。
>さらに三日放送分から金子ありささんが加わり、「今後は女性三人の視点で知恵を出し
>ながらやっていく」という。
 数話前の設定が無かったことになっているのは、新たな脚本家に、うまく引継ぎできていなかったためのようです。新脚本家の投入で、さらに混迷の度を深めそうな悪寒...

参考リンク⇒ くすぶる「花燃ゆ」 浮上できる!? 脚本家、女性3人体制で巻き返し
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。