スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第15回「塾を守れ」 あらすじ・感想

 大老ジャミトフ井伊直弼率いるティターンズこと統制派の圧力を前に、エウーゴ皇道派もといカルト狂信者の青年将校吉田松陰は、バスク間部暗殺を妄想します。
 幕府を打倒して国家改造を目論む青年将校達吉田松陰の身を案じた松下村塾の塾生たちは、視聴率低下の元凶の一人、JIN小田村を糾弾しますが、どうでもいいような話でうやむやにされます。
 久坂玄瑞は視聴率UPのため、セミヌードで剣術の稽古をしますが、視聴率が2桁を死守できるかはわかりません。
 最大の敵は井伊直弼ではなく、放送時間帯変更です。

 あいかわらず間の抜けた文は、視聴率低下のアシストを続けますが、見ていてあまりのつまらなさに危機感を感じます。「花燃ゆ」は、大河クラッシャーとして、あの「清盛」を超える作品になるかもしれません。

 JIN小田村に存在を消されて、影の薄い桂小五郎の諫言にも耳を貸さず、ますますエスカレートする松陰に、塾生たちもドン引き。視聴者はさらに引いて、チャンネルを切り替えそうになります。
 なぜ吉田松陰が過激な行動に出たのか説明があまりなかったため、単なる妄想狂のテロリストにしか見えません。
 塾生たちがドン引きする中、松陰を慕う塾生の入江九一が、松陰先生のためにとテロ実行を志願。なぜか入江の弟の野村靖が実行犯になります。
 しかし、計画が露見し、野村・入江の兄弟は、お尋ね者として牢に繋がれます。
 入江の妹が文に文句を言いますが、こんなシーンに尺を取るよりも、外の世界の情勢描写をやらないと、なぜ彼らが過激な行動をとったのかがわかりません。
 
 JIN小田村が獄内の松陰を説得しようと試みますが、松陰から「安全な処で他人の手柄を横取りして説教を垂れるだけのお前みたいな、ほとんど創作キャラとは絶交だ!」と宣言されてしまいます。
 純化していく松陰は、ドン引きする人々を放置して、ますます過激な方向に突き進んでいきます。このまま突き進むと、シャア大佐のように、地球に小惑星を追突させて旧人類絶滅を実行しようとするかもしれません。
 つーことは、松陰の妹の文は、セイラさんか。

 もう、視聴率とかドラマの出来はどうでもいいので、池田秀一はシャア大佐の声でナレーションしてほしいと願ってやみません。 
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。