スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第13回「コレラと爆弾」 あらすじ・感想

 異国から持ち込まれたコレラが猛威を振るい、萩でも多くの人が亡くなっていました。
 そのような中、やたら存在感のある井伊直弼は帝の勅許なしに異国と条約を結びます。

 コレラが蔓延するのも、弟が自分より先に童貞を捨てたのも夷人が神国日本を汚したからだと激怒したテロリスト吉田松陰は、帝の意思に反して開国した幕府を倒すことを藩に進言します。
 松蔭の過激な建白書を読んだJIN小田村は、長屋のコレラ患者の治療を放棄してでも、松陰の暴挙を咎めようとしますが、あえなく失敗。

 幕府転覆を狙う吉田松陰一味は、爆弾のエキスパート小野為八(ほっしゃん)を味方に引き入れていました。
 原理主義に走ったタリバン神学校松下村塾の吉田松陰一味は、ほっしゃんが作成したクレイモア対人地雷で幕閣暗殺を計画します。
 ほっしゃんは遠隔操作可能な地雷を作り上げ、密かに実験することになります。吉田松陰は蟄居させられていましたが、足が地面につかなければ外出もセーフという小学生のような論理で、ほっしゃんが松蔭をおんぶして外へ連れ出します。
 実験は見事成功。次回、激怒した井伊直弼は無人偵察機プレデターを飛ばし、一つ、人の世の生き血をすすり、二つ、不埒な悪行三昧、三つ、醜い浮世のテロリスト共の摘発に乗り出します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。