スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第8回 「熱血先生!登場」 あらすじ・感想

 いよいよイケメン多数が登場する「花燃ゆ」。今回も頭を抱えてしまうような展開でしたが、貴重な時代劇、大河ドラマ存続のためにも視聴率も回復してほしいですね。もともとは「罪人の塾」というタイトルの予定でしたが、辛気臭い題名だったのか、「熱血先生!登場」という脱力感満載のタイトルに変更されています...
 松岡修造が吉田松陰をやった方が良かったかも...

 ヒマを持て余す自宅謹慎中の兄、吉田「フーテンの」寅次郎のために、文は塾を開くことを勧めます。松下村塾の発案者は文...
 しかし、世間では、罪人の塾と見られ、塾生は集まりません。そこで、文が奮起し、おにぎりを提供すると約束して塾生を勧誘します...
 明治維新の立役者達は、おにぎりにつられて松陰の門弟となったのでしょうか...

 悪役椋梨藤太は長州藩内部の周布政之助一派の取りくずしに余念がありません。周布さんは酒癖が悪く、他藩の大名に絡んで暴言を吐くとか、数多くの問題を起こしていますが、大河ではスルーされるようです。
 椋梨の妻は、JINの奥方の寿を取り込むべく、奥様を集めてパーティーを開きます...白い巨塔みたいな奥様会にゲンナリします...

 一方、文は塾生候補として将来の夫、久坂玄瑞に目を付けます。久坂と松陰を文通させた上、「医者坊主!」と久坂をののしります。いくらドラマでも言っていいことと悪いことがあると思いますが...杉家だって「百姓武士」だし(もともとは武士は農民だったはずですが)...
 激高した久坂は松陰を殺すと息巻き、松陰の自宅に殴り込みをかけます。しかし、持ってきたのは木刀...松陰殺害をあきらめた久坂は武士ではない境遇に涙します...
 が、江戸時代は武士以外の一般人でも護身用に武器を所持するのはOKでしたがな。刀を二本差すのが×だったのです。股旅もののドラマでは、侠客たちは旅行時の護身用というタテマエで長脇差を一本だけ差しています。大小二本の刀を日常的に差すことが許されていることが武士の特権です。その程度のことは、時代劇を見慣れている人は、常識となっているわけで...このドラマの脚本家は、時代劇の常識すら知らないことが判明...
 それ以前に、剣術の達人なら木刀で人を殺せますがな(宮本武蔵が佐々木小次郎を倒したのも船の櫂を改造した木刀です)...

 今回は、高杉晋作も登場します!確かにイケメンではあるが、これじゃない感満載の高杉!昼間から女連れで童貞の久坂を挑発します。久坂は史実では女癖が悪かったはずですが、このころは初心だったのでしょうか...

 次回は、「高杉晋作、参上!」...
 高杉晋作役は伊勢谷友介さんの方が良かったです。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。