スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」 第5話 「志の果て」あらすじ・感想

 密航の罪を犯した吉田寅次郎は野山獄舎にぶち込まれ、弟子の金子重輔は別の牢屋にぶち込まれます。二人が別々の牢屋に入れられたのは、二人の身分が違うためです。おそらく、武士階級用の寅次郎の牢はドラマよりもう少しマシ、平民用の金子君の牢はもっと悲惨だったと思われます。

 弟子の金子君は病気で亡くなってしまいますが、寅次郎に批判的な主人公の文は「兄上が金子さんを殺した!」と寅次郎を責め立てます。二人が合意の上でやった行動なのに(むしろ金子の方が積極的だったとも言われています)、結果だけをとらえて責めるのは「それを言っちゃあ、お仕舞よ」とも言いたくなります。 このドラマの吉田松陰はフーテンの寅さんがモチーフなのでしょうか...

 江戸では桂小五郎が登場。東山紀之は実に男前です。なぜ、東山主演で桂小五郎を主役にしなかったのか本当に悔やまれます...桂は、居酒屋で時節が読めない阿部伊勢守の家臣と口論になり、その場から立ち去るふりをして当身を食らわせます。
 さっそうとしたアクションも恰好よかったのですが...時節が読めない阿部伊勢守?阿部正弘のことでしょうか?
 阿部正弘さんは、攘夷・開国派が対立する中、双方の顔を立てつつ、(心情的には攘夷なのに)、政策の選択肢として取らざるを得ない開国路線に舵を取り、勝海舟やジョン万次郎をはじめとする多くの人材を抜擢した日本限定の意味での大政治家です。
 戦国最凶の犯罪者水野勝成公と並ぶ福山の偉人の阿部正弘が時節を読めないとは...
 ちなみに吉田松陰がこの時点で処刑されなかったのは、阿部正弘の働きかけもあったとも言われています(^_^;)

 同じく日本限定の大政治家西郷どんや、存在感たっぷりの井伊直弼も登場。
 主人公が出てこなければ、面白いドラマになりそうなのですが...
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。