スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第366話 四国征伐

戦え!官兵衛くん 第366話
 小牧長久手の戦いの後、羽柴秀吉は、各地の抵抗勢力を各個撃破していきます。雑賀・根来衆に続くターゲットは四国の長宗我部元親です。
 天正13年(1585年)5月、四国攻略軍の先鋒として、黒田官兵衛は淡路島に渡ります。おそらく、淡路の仙石秀久や四国から亡命していた三好勢に作戦の連絡をするための行動だと思われます。
 ちなみに官兵衛は前年に宍粟市(兵庫県)の方の山崎の領主に抜擢されています。 

 秀吉軍は、毛利軍とともに三方から四国に侵攻し、長宗我部勢を攻撃します。官兵衛も大活躍しますが、大河ドラマ同様、官兵衛の活躍は省略(^_^;)

 もっとも、秀吉自身は病を得たためとか、越中の佐々成政(この後、佐々成政も各個撃破されます)に備えるためといった理由で、四国には渡りませんでした。
 次回、急展開!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。