スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第363話 小牧長久手の戦い㉝

戦え!官兵衛くん 第363話
 新年、あけましておめでとうございます。今年も「戦え!官兵衛くん。」をよろしくお願いします。

 稀代のバカ殿、織田信雄は、伊勢の北半分を返すので和睦しろという秀吉の誘いに乗り、秀吉と和睦します。
 しかも、同盟者の徳川家康の同意も得ずに和睦してしまいました...

 徳川家康は織田信長の遺児である織田信雄を支援して、織田家をないがしろにする秀吉と戦うという大義名分で戦っていましたので、信雄に梯子を外されてしまった形になります。このため、家康は以後、外交で秀吉と対抗していくことになります。

 さらに、越中の佐々成政、紀伊の雑賀衆・根来衆、土佐の長宗我部元親といった家康と組んで秀吉と戦っていた連中は、家康が軍事対抗路線を放棄したことから、信雄のみならず家康にも梯子を外されてしまうことになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「どうして織田家に忠義を尽くす家臣がいなかったのか?」と、漠然と思っていた疑問の答えがここに…。
「答え:尽くした忠義が(当の織田家の後継者に)梯子を外されて空中分解したから」
なる~!

Re: No title

> 「どうして織田家に忠義を尽くす家臣がいなかったのか?」と、漠然と思っていた疑問の答えがここに…。
信長お気に入りの稲葉一鉄とか森長可が、本能寺の変後、すぐに反織田活動を開始していますので、そもそも
織田信長という人には、人を見る目が無かったと思います...
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。