スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「花燃ゆ」 第42回「世界に賭ける糸 」 あらすじ・感想

 近年の朝ドラのブービー(ワーストは「純と愛」)作品の「まれ」が終了して、待望の「あさが来た」が始まりました。前作のつまらなさを吹き飛ばすかのような面白さで、毎日、楽しみにしています(#^^#)
 この調子で「真田丸」には大河復権のため、頑張ってほしいです。

 「清盛」と最低作品争いを繰り広げている「花燃ゆ」ですが、今回はそれなりに面白かったです。
 群馬県令となった楫取素彦閣下は、どこかの村役場並みの人数しかいない群馬県役場に初出勤します。群馬県の幹部の阿久沢は現役の生糸商人を兼業しており、江戸時代の士農工商の感覚では考えにくい大抜擢をされております。
 おまけに群馬村役場の職員の妻女は手料理で、楫取閣下の正妻の寿と下女の美和をもてなします。当時の群馬県の職員は、大半が旧士族だったのではないかと推察しますが、妻女に女中のまねごとをさせるとは、維新後は士族のプライドとかは捨て去っているようです。群馬県って、本当に先進地域だったんですね(棒読)。

 楫取閣下はアメリカで貿易会社を設立しようとする若者を応援しますが、愚かな群馬県の下級役人どもは楫取閣下の高尚なお考えに反対します。きっと、腐敗した長州閥や江戸時代と変わらないかそれ以上に重い課税を強いる新政府に対する反発だったんでしょう。
 楫取閣下は群馬県のボスの阿久沢を説得し、貿易会社設立に協力させることに成功します。良かった良かった。
 この程度の村役場内でのもめ事レベルの話だと、楫取閣下アゲを連発しても、さほど粗が目立ちません。これまでは、楫取閣下が薩長同盟を考えたとか、鳥羽伏見の戦いで長州軍を指揮していたとか、吉田松陰を煽って刑死に至らしめたとか、ねつ造のレベルがひどすぎました...

 群馬村村長となった楫取閣下は生糸の生産を奨励し、生糸商人から多額の○○をもらい、県庁を前橋に移すなど群馬県のために多大な貢献をすることになります!
 今回は、珍しくそれなりに面白かった「花燃ゆ」。来年の「真田丸」が本当に楽しみですね!!!
スポンサーサイト

大河ドラマ「花もゆ」 第41回「いざ、群馬へ」 あらすじ・感想

 新政府の政治方針に反対する不平長州士族は、前原一誠の元に集結。一大勢力となり気勢を上げます。このドラマでは長州閥の腐敗政治を描いていないため、既得権益に固執する単なる痛い人たちにしか見えないのが残念です。

 これに対し、美和様は前原に「力で物事は解決しない」等と、戊辰戦争はどうよと突っ込みたくなるようなセリフを吐きます。「革命は暴力なんだよ!」と、毛沢東かギレン総帥が美和&脚本家を小一時間ほど説教してほしい...
 ここで、低迷する視聴率をUPさせるべく、前原が一肌脱ぎます。そこまでして最低視聴率を回避したいのでしょうか...

 明治維新最大の功労者である木戸孝允は、隠棲中の明治維新第二の功労者である楫取素彦閣下の家を訪れ、群馬県令(知事)に就任してほしいと頭を下げます。楫取閣下は新しい日本を作るため、「治めがたき地」群馬県令就任を了承。一家で群馬へと向かいます。
 前原に続き、病に侵された楫取の妻、寿にも死兆星が点灯。長旅と新天地での苦労で昇天してくれれば、第一話以来の美和と楫取の愛も無事成就となるはず...

 楫取素彦新県令の下で、群馬は大躍進。きっと、21世紀にはU字工事のような群馬をバカにする連中も一掃されていることでしょう!!!
 

大河ドラマ「花燃ゆ」 第40回「二人の母」 あらすじ・感想

 主人公美和の心の夫、楫取素彦は、明治維新の二番目の功労者でありながら、プーとなり、開墾ごっこに精を出します。
 明治維新の最大の功労者とされながら、実際は楫取の功績の大半を横取りしただけ(ソースは「花燃ゆ」)の木戸孝允は、欧米列強との不平等条約解消に苦労し、思わず楫取がいてくれたらと本音を漏らします。

 主人公美和は、恋愛成就の最大の邪魔者、姉寿が逝ってくれたらと思っているのかどうかは不明ですが、前夫久坂玄随が愛人に産ませた遺児秀次郎をいびり倒し、家から追い出すことに成功。前夫の子という障害物を一つ除去した美和は、野望への一歩を踏み出します。

 いよいよ姉、寿が死ねば、第一話から続いた楫取への思慕も大願成就となるところですが、次回、木戸孝允が楫取の元を訪れ、三顧の礼をもって、明治維新第二の功労者楫取を新政府に迎えることになります。
 楫取は日本の最大輸出品、生糸の増産を図り、日本の国力を増して欧米列強に対抗できる国力をつけるべく、群馬県知事の大任を受けることになります。

 この後、楫取と美和のおかげで不平等条約が改正されるのでしょう。楫取&美和という隠れた偉人を発掘した大河ドラマ「花燃ゆ」の功績は、ノーベル文学賞物です!!!
 

SPEED DEMON パワーアップ!!! ZOTAC GeForce GTX970搭載

 自作PC、「SPEED DEMON」号は、グラフィックボードに下の上クラスのRADEON HD7750を載せていましたが、中の上クラスのNVIDIAのGTX970に変更しました!

GPU.jpg
 HD7750に比べると激速です(^^♪

 GTX970でベンチマークを回すと、ベトナムのボッタクリタクシーの如く高速でメーターが上がっていきます!!!ハノイのボッタクリタクシーのメーターの高速回転には驚きましたが、FF14ベンチの高速回転にはブラボー!!!です。

 FF14ベンチなんか2K画面で1万1000超え。
 CLIP STUDIOも超速。
 CLIP STUDIOはHD7750でも十分と唱えていましたが(★)、GTX970だと瞬間移動するかの如くソフトが反応します!!!
 970のような中級機でも速いのに、980TIとかTITANシリーズだとどうなるのでしょうか(^^♪
 CLIP STUDIOはHD7750でも十分使えるのですが、やはり速いグラボは良いです!
 うちの廉価版マザーボードはPCI-Express3.0 x16じゃなくてPCI-Expressが2.0×16ですが、多分、大丈夫です(^^♪

 倒産が噂されるAMD(HD7750のチップの製造元)を見捨ててNVIDIA(GTX970のチップの製造元)に走りますが(-_-;)、寄らば大樹の陰です...CLIP STUDIOは、GTXシリーズ推奨ですし。CLIP STUDIO公認のGTXならレイヤー300枚でも安心です♡
 AMDは株価がジェットコースターのように右肩下がりになっていますが、頑張ってインテルやNVIDIAを撃破するような商品を開発してほしいです。
 ⇒AMDの株価
 ちなみにインテルの株価は⇒インテルの株価
 2006年はAMDの方がインテルより株価が高かった(泣)
 今はAMD1.8ドルに対し、インテル30.5ドル...
 
 カードは、ZOTACのGTX970ですが、自作PCの奥行きが18cmだったので、20.4cmのボードを搭載すべく、冷却を兼ねてケースの側面に穴を開けてボードの先端部を外部に逃がしてあります。ケースの外へ直接ボードの熱が排出されるのでGOOD!
ケースの穴から外にはみ出た銅色の冷却パイプがソソリます!!!

SPEEDDEMON.jpg
 ↑妖しく光ってよくわからないのですが、透明アクリルのケースに穴を開けて、ボードの先端を外に出しています。

 おまけ:妖しく光る姫路城
赤紫の姫路城

 長さ17cmと省スペースが売りのAMD期待の星、RADEON R9 NANO(⇒AXR9 NANO 4GBHBM-DH 《送料無料》 )だとケースの外に出す必要が無かったのですが、NANO売れてるんですかね?
 スペース当たりの性能が世界一を誇るとAMDは宣伝していますが、また外してしまった感も(-_-;)
 ⇒Radeon R9 Nano レビュー
 R9 NANOのFF14ベンチ(CPUは6700K)が11446になっていますが、うちのGTX970は11072ですから(CPUはXEON 1276V3)、値段はR9 NANOに大差をつけられていますが、性能はあんまり変わらない。しかも、こちらは2世代前のCPU&PCI-Express2.0なのに(爆) 

 インテルの最新CPU6700Kの性能が、前の製品に比べて上がらないのも、ユーザーから見れば、インテルのライバルたるべきAMDが低迷しているからとしか思えません!ライバルがダメだから、気合の入った商品を出さんのじゃ!!!元K6ユーザーとして言いたい。AMDよ、頑張れ!!!
 まぁ、経済アナリストなら、インテルのデスクトップPC用CPUの性能があんまり上がってないのは、省電力なモバイル向けの製品の開発に集中させているからと答えるでしょうが。

★ 実用上、HD7750で必要十分です。GTX970にしてもタイムラグが0.5秒ほど速くなる程度です。
 新規にグラフィックボードを購入される方はGTX750TI(中の下クラス)がコストパフォーマンスと省電力に優れているので、おススメです。 
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。