スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第48話 「天下動乱」 あらすじ・感想

 いよいよ佳境に入ってきた軍師官兵衛。史実とか構成とか,細かいことを考えなければソコソコ面白かったです。

蟄居中の石田三成は大坂で挙兵。このドラマでは家康が罠にはめたという設定です。作り話(しかも,あまりレベルが高くない...)ですので,野暮なことは言わないでおきましょう。
 天下騒乱を横に官兵衛(如水)は,いままで貯めてきた金を元手に中津で兵を集めます。浪人,農民,町民と身分を構わず兵を集め,多数の兵力を確保します。官兵衛は給金を二重取りした武士を許し,二人分働くように命じます。

 三成は大坂居住の大名の妻子を人質に取りますが,官兵衛の妻の光と長政の新妻の栄は善助と太兵衛等の機転で無事に中津に逃走します。
 逃走劇自体は面白かったのですが,話が長すぎです。家康&三成サイドの話も長すぎですので,官兵衛自身の出番は10分程しかありません...
 
 家康は小山で会議を開きます。事前に長政が調整していた福島正則の一言で,家康支持に流れが傾き,軍を西に転進させます。
 
 九州で官兵衛が不穏な動きをしていることを三成派の安国寺恵瓊は危惧します。三成は改易された大友吉統を召喚し,打倒官兵衛に当たらせます。いきなり最後の敵、大友吉統が官兵衛への刺客として登場したため,「この人,誰?」と視聴者が混乱しないか心配です。大友吉統は,初登場ではなく,既に一回出てきています(どこで出てきたかは内緒)。ちなみに大友吉統は母里太兵衛の義理の兄ですが、軍師官兵衛ワールドでは、無かったことになっているのかもしれません。
 大友吉統は、なかなか格好良い登場場面だったため物凄く強そうに見えますが...実は大河ドラマ史上最弱クラスのラスボスです...軍師官兵衛の序盤の宿敵,龍野城主の赤松政秀の方が大友吉統より,遥かに戦国武将として有能です...ガンダムでいうと、最後の敵がジオングだと思ったらボールだったという感じです。最初の敵(ザク)の方が遥かに強い...

 官兵衛と家臣が天下取りの妄想に浸る中,関ヶ原の戦いのキーパーソンの小早川秀秋が登場。歴史にあまり詳しくない人なら,なぜ小早川隆景の息子が,おねとフレンドリーな会話をしているのかと疑問に思うかも...ドラマでは,ほとんど触れられていないので,わからない人は歴史好きの人に聞くか自分で調べるかスルーして下さい(-_-;)

 官兵衛,長政,家康,三成,大友吉統などなど,多くの人の思惑が交錯する中,次回に続きます。

スポンサーサイト

第360話 小牧長久手の戦い㉚

戦え!官兵衛くん 第360話
 天正12年(1584年)9月9日、徳川派の越中(富山)の佐々成政(趣味:登山)は、能登と加賀の分断を図るべく、秀吉派の前田利家の能登末森城を攻撃します。佐々軍の兵力は八千とも1万数千とも言われます。

 佐々軍の大軍を前に、末森城兵は1日で本丸に追い詰められますが、末森城主奥村助右衛門永福(ながとみ)の激励で何とか持ちこたえます。奥村永福は、漫画「花の慶次」では主人公前田慶次の親友の美形キャラという設定ですが、前田慶次親子が荒子城から追い出される際に城代だったという話ですので、天正12年当時は既に相当なおっさんだったかと思います。

 前田利家は末森城に救援を出そうとしますが、兵力に乏しかったため、家臣が救援に反対します。
 利家が吝嗇(ケチ)だったため、家臣を雇うのを渋ったから兵力が少なかったとか、妻のまつに「金に槍を持たせて行け!」となじられた等という話もありますが、状況からすると防衛戦のため兵力を分散配置していたからだと思いますが...

 利家は、家臣の反対を押し切って末森城救援に駆けつけます!
 

朝ドラ「マッサン」への一言

11月24日のドラマでは、ハイボール(ウィスキーの炭酸割)を認めるかどうかで、ピュアモルトウィスキー造りを目指す本格志向の主人公マッサンと日本人好みのウィスキーを作りたい鴨居社長の方針の違いを描いていましたが、「ピュアモルト」という言葉は後のニッカの宣伝文句だと思うのですが...

※ 正確にはブレンデッドモルトウィスキーと言うべきですが、日本で売れない雰囲気の名前なので、「ピュアモルト」と名乗っているみたいです。ちなみにスコッチウィスキーで「ピュアモルト」を名乗ることは禁止されているそうです...

サントリーあたりから批判が来そうですね(´・ω・`)

大河ドラマ「軍師官兵衛」第47回 「如水謀る」 あらすじ・感想

 史実との違いとか,前話までの整合性はどうかといった些細なことを無視すれば,非常に面白くなった軍師官兵衛!岡田准一には悪人が似合います!
 
 謀略・暗殺大好きな赤松系武将の本能に目覚めた官兵衛は,突如,天下を簒奪する野望を抱きます。官兵衛(如水)は,おね(高台院)に大坂城西の丸を家康に譲るよう勧めます。三成の子?秀頼に豊臣家を譲るのが我慢できないのか,おねは家康を大坂城に入れ,淀君との対立を煽ります。
 小西行長の母で,なぜか未だに侍女をやっているマグダレナは不安な表情を浮かべます。
 BSNHKの「英雄たちの選択」では,おねと淀君は親密な連携関係にあったとしていましたが,些細な事は気にしない!

 大坂城に入った家康に黒田長政が会見。家康はなぜか如水の動向が気になります。
 一方,ひそかに天下取りの作戦を練る官兵衛は長政に別れを告げます。官兵衛は自分の道を歩くと宣言します。
 
 官兵衛は三成の居城佐和山城を訪れます。何故かちょっとリッチな佐和山城で,三成に家康打倒の策を伝授します。上杉に兵を挙げさせ,徳川家康が上杉討伐に出た隙に秀頼を旗頭に大坂で蜂起すれば,東西から家康を挟み撃ちにできると指南します(そんな,あほな)。
 官兵衛は「実際にやったらあかん」とダチョウ倶楽部のような念押しをしますが,家康勝利の後に三成に策を伝授したことがばれたら大変なことになると思います...

 中津を訪れる途中,広島に立ち寄った官兵衛は,毛利首脳と会見します。三成派の安国寺恵瓊は,俺とおぬし(官兵衛)で豊臣の天下を作った!何としても豊臣の天下を守ろうと官兵衛を説得します。安国寺恵瓊より小早川隆景の功績の方がずっと大きいだろうと突っ込みたい...
 小早川関係者が同席していないのは,小早川家は,黒田官兵衛の謀略で大人の事情で実質的に毛利家から離脱したためです。凡庸な当主毛利輝元の背に三本の矢が飾ってありましたが,そのうち一本の矢は折れてしまっています(^_^;)
 
 家康に心酔する長政は,折り合いの悪い妻糸を離縁し,家康の養女栄姫を後妻に向かえます。糸の別離のシーンでは,母と生き別れになる娘が糸にかけより,うるっとさせられます。ホームドラマパートにしてはめずらしく名場面でしたが,個人的には,いつまで善助の妻,お道が侍女をやっているのかの方が気になります。

 いよいよ,家康は上杉討伐に出陣します。長政も竹中半兵衛ゆかりの一ノ谷兜で出陣。一ノ谷兜で馬を走らせると風圧が強そうです。
 上杉討伐の隙を突いて三成も挙兵。いよいよ天下分け目の戦いが始まります!このドラマでは,家康の筋書き通りという設定です。この辺りを突っ込むのは野暮です。

 中津で官兵衛は,面白くなってきたと最高の笑みでニヤリと笑います!
 官兵衛さんが前話まで「平和」を訴えていたことは,無かったことにしましょう!

 赤松系武将はこうでなくては!秀吉に贅沢な暮らしをさせられて毒気が抜けた宇喜多秀家の分も頑張って欲しいです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第46回 「家康動く」 あらすじ・感想

 朝鮮の日本軍は支障なく日本に帰国していきます。黒田長政も領国中津に戻り,父官兵衛に三成の悪口をぶちまけます。
 一方,小西行長も帰国。三成に加藤清正の悪口を告げ口します。さんざん,官兵衛を頼りながら,突然,三成派になってしまった小西行長の行動を突っ込んだら負けです。

 家康が悪だくみを図る中,官兵衛は長政と共に上洛します。長政は妻糸と娘菊に面会しますが,相変わらずホームドラマパートは残念です。
 
 三成派と家康派の対立は深くなります。三成と小西行長は加藤清正&長政の朝鮮での行動を訴え出たため,家康を頼ります。長政は加藤清正より早く帰国したので,釜山周辺の焼討とは無関係ではないかと思いますが,突っ込んだら負けです。
 一方,徳川家康も自作自演の暗殺疑惑の悪だくみで対抗します。立場の弱くなった三成派は,四大老に工作。家康を糾弾するため生駒親正が派遣されますが,逆に家康に恫喝されてしまいます。家康が信長時代からの勇士で長老格の生駒親正にあんな失礼な態度をとるはずはないと思いたいのですが,突っ込んだら負けです。

 三成派と家康派の決裂により,三成,長政等は戦闘準備を初めます。平和の人,官兵衛は,今回で初めて登場した前田利家に「あんたは天下人になれない」と説得。三成派,家康派の対立を抑え,大乱の勃発を回避させます。このドラマでは,官兵衛は三木城包囲戦等,前田利家の手柄を横取りしている件は内緒です。
 なかなか迫力のあるシーンでしたが,この後,唐突に官兵衛は自分が天下を狙うと宣言してしまうため,長政を抑えるシーンともども,無かった方が良かったと思います...

 淀君・三成から大坂城本丸を追われるような形で出たおねは,官兵衛と面会。豊臣の世は一代限りと語り,新たな天下人の登場を望みます。官兵衛はおねの発言で吹っ切れ,再び,ブラック官兵衛へとジョブチェンジします。そもそも平和を求めるホワイト官兵衛路線で行ったのが,このドラマ最大の失敗です。
 主役の岡田准一さんがやりたかったであろうブラック官兵衛が復活し,ラストまで突っ走ってくれないかと期待します。

 長政と病み気味の糸が口論しますが,ウルサイ...視聴者にさっさと離婚してほしいという気にさせるためでしょうか...

 ここで前田利家死去,石田三成襲撃事件が勃発します。加藤清正等に追われた三成は家康に助けを求め,命は助かりますが,隠居させられます。
 官兵衛は家康に,息子長政が三成襲撃事件で世を騒がせたことを謝罪すべく,家康と面会します。官兵衛は家康の野望を感じ取り,自分も天下取りに乗り出すことを決意します!

(突っ込み)
 このドラマでは,官兵衛が天下取りの野望を持っていたという設定ですので,官兵衛は家康との天下取りレースに敗北することになります。
 寺尾聡さんの家康が見るからに胡散臭く,頭脳も冴えわたっています。官兵衛より数段上の謀略家に見えてしまうため,家康>>>>>二流の人官兵衛になってしまわないか心配です。

第359話 小牧長久手の戦い㉙

戦え!官兵衛くん 第359話
 織田・徳川連合軍は、秀吉方の滝川一益(元信長重臣で現在無職)が守る蟹江城を攻撃します。
 孤立無援となった蟹江城は、織田・徳川連合軍と和睦し、滝川一益や元織田信雄家臣の前田長定等は蟹江城を退去しますが、信雄を裏切った前田長定は織田・徳川方に殺害されてしまいます...

 秀吉軍は、蟹江城を橋頭堡として大攻勢をかける予定でしたが、落城によりとん挫してしまいます...
 しかし、この後から秀吉マジックとも言える調略劇が繰り広げられます!

 ※黒田官兵衛は、この頃、伊勢・尾張戦線にいたのかどうか不明です。

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第45回 「秀吉の最後」 あらすじ・感想

 官兵衛は再び朝鮮に出陣します。二男の熊之助は独断で朝鮮に渡りますが,玄界灘で太兵衛の子吉太夫達とともに遭難死してしまいます。
 黒田家中で嘆き悲しむ中,糸は待望の女児菊を出産。

 老衰状態の秀吉は家康と面会,秀頼のことを家康に頼みます。家康が寺尾聡さんのように一見して胡散臭い人物だったかどうかは不明。
 家康の胡散臭さに不安感を感じた秀吉はおねから頼りになる人物として官兵衛を指名されます。
 官兵衛は急きょ朝鮮より帰還し,秀吉と面談します。今回は話の展開が遅いので,既に放映時間の半分を消費してしまっています。
 病床の秀吉は官兵衛に延々,昔話を始めます。秀吉は官兵衛に死後の豊臣家を頼みますが,官兵衛は冷淡な対応をとります。
 官兵衛は「天下はその器たる者が治めるべき」と言い放ちます。老い先短い老人にKYな発言さく裂。
 秀吉は官兵衛の思うような天下人にはなれなかったと反省の言を述べます。官兵衛は秀吉に「軍師としてお仕えさせていただきありがとうございました」と述べ,退出します。
 慶長3年8月18日,豊臣秀吉が死去(享年62)。官兵衛のドラマなのに,秀吉の死に尺を取りすぎな気も...20分で収めて,残りの時間を朝鮮の日本軍内部のゴタゴタに焦点を当てた方が今後のストーリー的にも良かったかと。
 次回,いきなり小西行長が長政&清正と対立しますが,このドラマでは行長と官兵衛は仲良しという設定ですので,三成と仲良くなった行長の行動に取り残される視聴者が出る予感...

 薬ヲタク,健康ヲタクの家康は秀吉の死にニヤリと喜びます。閉じていた右目を開け,溜めていたセブンスセンシズを開放します。
 官兵衛も新たな騒乱を予感します。次回第46回「家康動く」の途中で,突然,天下取りの野望に目覚めた官兵衛は平和の使徒の仮面を脱ぎ捨て,天下に大乱を巻き起こすべく,家康と三成の対立を煽っていきます。

 秀吉の死去前後,朝鮮の日本軍と明・朝鮮連合軍との激しい胸熱の戦いが繰り広げられているはずですが,一切,スルー。日本軍は簡単に帰って来られるみたいです...露梁海戦で戦死した李舜臣将軍は全くの無駄死...

軍師官兵衛に伊達政宗が出てこないとお嘆きの貴兄に

 軍師官兵衛で政宗といえば、浦上政宗。
 伊達政宗の代わりに浦上政宗で満足しましょう!


 誰って?おたつの舅です...

第358話 小牧長久手の戦い㉘

戦え!官兵衛くん 第358話
 敗北続きの秀吉は、滝川一益等が蟹江城を落としたことに喜びます。ちなみに黒田官兵衛は、この頃、尾張・伊勢方面に従軍していたようですが、実際に何をやっていたのかは不明です。ひょっとすると、「何もしなかった」のではなく、この後も失敗が続くので、「無かった事」にされているのかも...
 黒田家譜では、毛利と国境交渉をしていたとされていますが、この時期、毛利も対長宗我部戦に突入していますので、延々と国境交渉をしていたというのは、ちょっと考えにくいです。ちなみに毛利との関係では、この年(天正12年、1584年)の秋にちょっとした事件が勃発した後、翌天正13年に国境確定が秀吉の譲歩の下で成立し、毛利が正式に秀吉に臣従することになります。天正13年初夏から、毛利と共同で長宗我部攻め(四国征伐)が始まりますので、事前に戦後の四国の領地の分配などもあらかた決められていたのかもしれません。

 秀吉は九鬼水軍、真鍋水軍を傘下に置き、毛利配下の水軍とも協力体制にありましたが、紀州の雑賀水軍に阻まれ、東西の水軍に共同作戦を取らせることができませんでした。
 少数の孤軍となっていた九鬼水軍は、織田・徳川方に押され、下市場城は陥落します。さらに、海上でも織田・徳川方水軍に敗北し、秀吉軍は伊勢湾の制海権を失ってしまいます...

 これにより、滝川一益が守る蟹江城は孤立してしまいます...

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第44回「落ちゆく巨星」 あらすじ・感想

 陰鬱な話&主人公の表情とレベルの低い大嘘が続くので,もはや義務感で見続けている感もある軍師官兵衛。朝鮮での戦いをスルーするなら,さっさと関ヶ原に入って欲しいです。
 明日から仕事という日曜午後8時に陰鬱な顔を見るのはうざいので,岡田准一さんは,官兵衛の肖像画のような,にこやか系で通すべきだったかと。せっかくの男前が勿体ないです。

 出家(何教?)し,名を如水と改めた官兵衛は,秀頼誕生で立場を失った豊臣秀次の相談相手となりますが,秀次周辺の情勢はさらに悪化します。
 秀次は謀反の疑いを受け,籠城の支度をしますが,官兵衛のアドバイスで秀吉に釈明することになります(実際に官兵衛がそんなことをやっていたかは???)。もっとも,官兵衛の策は裏目に出てしまい,秀次は切腹させられます。
 相変わらず不細工な茶々が小者感たっぷりの三成の横で含み笑いをしますが,茶々&三成が秀次切腹を秀吉に仕向けたかは???韓国だったら,子孫に対する名誉棄損で訴えられます。ブルドックでもイカリでもオタフクでもいいからソースを出せ!と小一時間...

 秀次に近しい者が処罰される中,如水は秀吉に呼びつけられます。官兵衛の従兄弟の明石則実も処罰されたことはスルーです。
 秀吉は「拾に災いをなす者は全て切り捨てる!」と呻きますが,なぜか官兵衛を頼りにします。次の天下をとるのは官兵衛じゃなかったのか...
 秀吉から長政とは別に二千石を貰う官兵衛。この後,世間は官兵衛を非難しますが,なぜ,そんなことになるのかは訳がわかりません。
 
 いよいよ母里太兵衛と福島正則の飲み比べ。福島正則が酔っているように見えないのは...正則に酒を勧められてさっさと飲んでしまう太兵衛...見事?日本号を呑み取ります。
 この後,ホームドラマパートなので,飛ばします。

 明からの使者が講和文書を届けます(なぜか,明の使者はドラマに登場しません)。が,官兵衛発案(冤罪です),小西行長プロデュースの欺罔外交が発覚。激怒した秀吉は,朝鮮へ再度の出兵を命じます。ここで最大の戦犯,小西行長を処刑していれば良かったのに,責任問題はスルーされてしまいます。
 官兵衛を呼びつけた秀吉は「朝鮮の王となる!」と宣言。前回出兵時(文禄の役)の壮大な野望から急速に目標低下。もはや,脱力するしかありません...

 慶長2年,日本軍14万が朝鮮に再度出兵します。黒田家も朝鮮に出兵。熊之助は居残りを命じられます。

 官兵衛は小早川隆景の見舞いに伺います。小早川隆景は養子の秀秋に席を外させた後,官兵衛に「わしはお主ほど,智慧の回る男を見たことがない。しかし,少々智慧が回りすぎる。良い知恵ほどよく吟味するように」と諭します。
 このドラマでは,官兵衛が良い知恵を出す場面がほとんどない上,よく考えずに行動して失敗した例が出てこない(官兵衛が有岡城に行ったのも熟慮の上の行動でしたし,本領安堵詐欺も秀吉の変心だし,無断帰国も三成の罠にされてしまっていますし...)ので,小早川隆景が何を言っているのか意味不明です。
 おそらく,小早川隆景が「もっと考えてから行動しろ」と諭したのは,小早川秀秋を養子に押し込まれた件を指しているのかと思いますが... それ以前に,このドラマの官兵衛が,小早川隆景が見てきた智将‐毛利元就とか尼子経久とか宇喜多直家とか‐より知恵が回るとは到底思えません...
 熊之助が母里太兵衛の子吉之助とともに朝鮮に向かう場面で次回に続くとなります。次回に熊之助等は遭難死するようです...
 また新たな戦いが起こってしまったのは,父官兵衛が小西行長に嘘をついて和睦しろなんてデタラメなアドバイスをしたためなんですが(何回も言いますが冤罪です)...

 お終いの紀行では,小早川隆景は,はじめ官兵衛と敵だったと説明していましたが,毛利と播磨国衆との関係は,尼子経久・晴久の播磨・備前・美作侵攻と絡んで官兵衛が幼少の頃から複雑な経緯をたどっていますので,ドラマでやっているような単純な関係ではありません(織田臣従直前の時期は毛利と小寺は友好関係にありました)。

朝ドラ「マッサン」に一言 ~二言め~

 朝ドラ「マッサン」を毎日楽しみに見ています。
 ただ、今週の放送で、かなり気になる点が...
① ウィスキーを、飲みなれていない人が、そのまま飲んではダメ!
 西川きよしさんが社長を演じる住吉酒造の株主に本場のウィスキーを味わってもらおうとするマッサン。ウィスキーは泥炭(ピート)で香りをつけたスモーキーフレーバーが命と語りつつ(現在にニッカウヰスキーは、ピートで香りづけしていないブラックニッカクリアブレンドが主力商品なんですが...⇒アサヒビールのHP)、株主にウィスキーを注いで回ります。
 ウィスキーを飲むのは初めてという株主たち。当時、日本では焼酎は下層階級の酒とされていましたので(★)、おそらく、蒸留酒を飲むのも初めてだと思います。
 しかし、恐る恐るウィスキーを飲み始めた株主たちは、一口で薬臭いと困惑してしまいます。
 ここで一言。ウィスキーはアルコール度数が日本酒の約3倍、焼酎の約2倍の40度以上あり、ストレートで薄めずに飲むと、濃い酒に慣れていない人はむせます...というより、体に悪いです...
 薄めずにストレートで飲む場合は、交互に飲むためのチェイサー(水)を出して、体内で薄めるのですが、ドラマのマッサンは株主にチェイサーを出していませんでした(´Д`)
 後で、株主はウィスキーを堪能するようになりましたが、あの飲み方は高濃度の酒に慣れていない人にはマズイです...
 初めてウィスキーを飲むという人は、水割りにして薄めて飲みましょう!

② 住吉酒造はウィスキー製造を断念して正解。
 株主からウィスキー製造をダメ出しされ、住吉酒造を退社したマッサン。ウィスキー断念は経営上の判断としては大正解です。
 リアルの竹鶴さん(マッサンのモデルの人)は、ウィスキー作りは超一流なのですが、商売人としては少し残念、金儲けはあんまり気にしない‐金儲けより商品の質を上げる‐という方ですので、自分で創業したニッカもアサヒビールに買収されてしまいます(^_^;)
 ニッカの商品のHPがアサヒビールのHPにあるのは、そのためです。
 天才商人のサントリーの鳥井さん(鴨井社長のモデルの人)ですら、ウィスキーの売り出しには苦労しますので、摂津酒造がウィスキー製造を断念するのは大正解です。決して、不当な決議ではありません。
 
 なお、実際には住吉酒造のモデルとなった摂津酒造では、本気でウィスキーを作りたい人が、マッサンの他にもいました。その中の一人、岩井喜一郎さんが竹鶴さんの研究ノートを参考にウィスキーを作り出します。
 岩井さんが移籍した本坊酒造さんでは、今でもウィスキーを製造されていますよ(#^^#)
 ⇒岩井トラディション

 ★ 全く不当な話ですが、昭和の頃までは、焼酎は下等な酒とみられていたのです。今ではウィスキーよりプレミア焼酎の方が遥かに高額なのですが...
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。