スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第366話 四国征伐

戦え!官兵衛くん 第366話
 小牧長久手の戦いの後、羽柴秀吉は、各地の抵抗勢力を各個撃破していきます。雑賀・根来衆に続くターゲットは四国の長宗我部元親です。
 天正13年(1585年)5月、四国攻略軍の先鋒として、黒田官兵衛は淡路島に渡ります。おそらく、淡路の仙石秀久や四国から亡命していた三好勢に作戦の連絡をするための行動だと思われます。
 ちなみに官兵衛は前年に宍粟市(兵庫県)の方の山崎の領主に抜擢されています。 

 秀吉軍は、毛利軍とともに三方から四国に侵攻し、長宗我部勢を攻撃します。官兵衛も大活躍しますが、大河ドラマ同様、官兵衛の活躍は省略(^_^;)

 もっとも、秀吉自身は病を得たためとか、越中の佐々成政(この後、佐々成政も各個撃破されます)に備えるためといった理由で、四国には渡りませんでした。
 次回、急展開!

スポンサーサイト

第364話 小牧長久手の戦い㉞

戦え!官兵衛くん 第364話
 織田信雄に梯子を外された越中の佐々成政は、信雄と徳川家康を説得するため、厳冬の北アルプスを越えます。
 佐々成政は三河の吉良で鷹狩中の信雄に面会しますが、信雄にはさっさと秀吉と講和するように勧められます...
 成政は浜松の家康にも面会し、抗戦継続を訴えますが、色よい返事はもらえませんでした...

 一方、この少し前、秀吉方(のはず)の伯耆(鳥取県)の南条元続が、毛利氏に奪われていた(⇒第329話)居城の羽衣石城を奪還すべく蜂起し、城を取り戻します!

 一連の南条氏の軍事行動により、毛利氏の四国攻め(長宗我部攻め)は一時後退を余儀なくされる等の影響をうけたようです。
 当時、毛利氏は正式には秀吉には臣従していなかったのですが、実質的には秀吉と同盟を組んでいるような状況でした。この微妙な政治的なズレを突いての行動で、何か裏があるのでは?と思われます...

 この後、毛利との交渉役だった官兵衛の尽力もあってか?なぜか南条氏の羽衣石城の領有が正式に認められます。また、毛利も正式に秀吉に臣従することになります。
 

第363話 小牧長久手の戦い㉝

戦え!官兵衛くん 第363話
 新年、あけましておめでとうございます。今年も「戦え!官兵衛くん。」をよろしくお願いします。

 稀代のバカ殿、織田信雄は、伊勢の北半分を返すので和睦しろという秀吉の誘いに乗り、秀吉と和睦します。
 しかも、同盟者の徳川家康の同意も得ずに和睦してしまいました...

 徳川家康は織田信長の遺児である織田信雄を支援して、織田家をないがしろにする秀吉と戦うという大義名分で戦っていましたので、信雄に梯子を外されてしまった形になります。このため、家康は以後、外交で秀吉と対抗していくことになります。

 さらに、越中の佐々成政、紀伊の雑賀衆・根来衆、土佐の長宗我部元親といった家康と組んで秀吉と戦っていた連中は、家康が軍事対抗路線を放棄したことから、信雄のみならず家康にも梯子を外されてしまうことになります。

第361話 小牧長久手の戦い㉛

戦え!官兵衛くん 第361話
 戦力の不利を補うため、前田利家は領民に佐々軍の情報収集を依頼します。
 高松村の桜井三郎左衛門は、前田軍を迎え撃つため陣を張っていた佐々軍を迂回する間道を伝えます。
 海沿いの間道を通って、前田軍は佐々軍の背後に回り、奇襲をかけ、見事、末森城救援に成功します!

 大勝した利家は、桜井三郎左衛門に褒美として、高松村の地租免除の特権を与えます。
 これ以後、税金が安くなった高松村は繁栄していったそうです。

第360話 小牧長久手の戦い㉚

戦え!官兵衛くん 第360話
 天正12年(1584年)9月9日、徳川派の越中(富山)の佐々成政(趣味:登山)は、能登と加賀の分断を図るべく、秀吉派の前田利家の能登末森城を攻撃します。佐々軍の兵力は八千とも1万数千とも言われます。

 佐々軍の大軍を前に、末森城兵は1日で本丸に追い詰められますが、末森城主奥村助右衛門永福(ながとみ)の激励で何とか持ちこたえます。奥村永福は、漫画「花の慶次」では主人公前田慶次の親友の美形キャラという設定ですが、前田慶次親子が荒子城から追い出される際に城代だったという話ですので、天正12年当時は既に相当なおっさんだったかと思います。

 前田利家は末森城に救援を出そうとしますが、兵力に乏しかったため、家臣が救援に反対します。
 利家が吝嗇(ケチ)だったため、家臣を雇うのを渋ったから兵力が少なかったとか、妻のまつに「金に槍を持たせて行け!」となじられた等という話もありますが、状況からすると防衛戦のため兵力を分散配置していたからだと思いますが...

 利家は、家臣の反対を押し切って末森城救援に駆けつけます!
 
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。