スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第50回 「乱世ここに終わる」 あらすじ・感想

 最終回が選挙で一週間飛んだ軍師官兵衛。1年のドラマも今回で終わりです。
 それでは,あらすじ。

 天下を平定すべく,踏ん反り返った態度の黒田官兵衛(如水)率いる黒田軍は九州で快進撃を続けます。あくまでも,官兵衛の独自行動という設定ですので,出てくると辻褄の合わなくなる加藤清正や細川軍は登場しません。
 ドラマの官兵衛の妄想では,東軍が長期戦の後,西軍に勝利した場合,九州・中国地方を平定した黒田軍が家康と戦うことになるはずですが,秀吉子飼いの加藤清正が官兵衛に従うとは考えにくいでしょう(^^)/
 
 一方,関ヶ原では黒田長政が調略した小早川秀秋の寝返りにより,一日で東軍が勝利してしまいます。長政の活躍の場面も描かれていますが,長政と一緒に戦っているはずの竹中半兵衛(松寿丸改め長政の命の恩人)の息子の竹中重門は出てきません。幼少,長政が関ヶ原の近くで半兵衛にかくまわれていたこと等はスルーされます。長政は相変わらず前線で戦っていますが,父官兵衛に猪武者と叱責されたことは忘却されているようです。
 関ヶ原の戦いは,今までのショボイ合戦シーンと違い,小早川陣への砲撃等,少し迫力があります。清盛以降の低視聴率とワールドカップの放送権料のせい?で減らされた予算は,最終回に回されていたのでしょうか。

 関ヶ原の合戦の数日後,呆然とする善助から,東軍勝利の報を聞き,物に八つ当たりして荒れる官兵衛。高齢になったせいか,終盤でキャラが変わっています...
 東軍・西軍の争いが長引けば,官兵衛は自分が天下を取れたと妄想しているのかもしれませんが,東軍と西軍の争いを長引かせようと策略を練ったような形跡は全くないようです。
 官兵衛は素直に天下取りの野望を捨てます。老軍師の妄想に付き合ってくれたみなさん,ありがとうございました。

 関ヶ原で勝利した家康は,大坂城に入り,淀君,豊臣秀頼と面会します。双方の駆け引きあふれる会話で,このシーンはなかなか良かったのですが,淀君役の二階堂ふみさんがもう少し悪女系の美人だったら...

 東軍に敗れた安国寺恵瓊,小西行長,石田三成の三人は捕縛され,さらし者にされます。長政が幼少の頃,姫路を訪問した恵瓊と遊んでいたシーンがありましたが,「坊やに殺されちゃうかも」という恵瓊の戯言は現実のシーンになります。かなり,ロングパスの伏線。
 長政は小西行長を飛ばしてw,三成と会話し,三成に羽織をかけてやります。その後,三人は市中引き回しの上処刑。

 領国に帰国した長政は父官兵衛と面会しますが,官兵衛は例の「家康に右手を取られたときに,お前の左手は何をしていたのか(なぜ左手で家康を刺さなかったのか)?」という左手の話をします。この間まで,天下の平和を熱く語っていた人物とは思えません。このドラマは主人公の描写が一貫していないというのが,最大の欠点です...
 「(どうみても作り話の)左手のエピソードが出てきたら,小和田が負けたと思ってください」と語っていた歴史考証の小和田先生,また,負けましたね...
 家康と官兵衛の長い会話の後,官兵衛に待望の男孫が誕生。幼名を萬徳と名付けられます。のちに萬徳は黒田忠之と名を改め,稀代のバカ殿に成長します。
 老いた如水は善助に赤格子兜を譲った後,家族に見守られながら死去します。

 時は流れ,大坂の陣が勃発。黒田家を出奔した後藤又兵衛は大坂城に入りますが,大坂夏の陣において,奮戦の末,戦死。又兵衛出奔の経緯が一切描かれていないので,歴史に詳しくない視聴者がとまどわないか心配です。
 史実では,又兵衛は長政と仲たがいして黒田家を出奔。細川家等に就職しようとした又兵衛を長政が妨害し,又兵衛は浪人となります。生活に困った又兵衛は故郷の姫路山田村に帰ります。才能はあるものの度量の狭い長政は,姫路の領主であった池田輝政公に又兵衛の引き渡しを求めますが,器の大きい池田輝政公は,「又兵衛が故郷に帰った以上,自分の領民である」として引き渡しを拒みます。小物感満載の長政が,池田輝政公にまで怒りを向けたため,又兵衛は輝政公に迷惑を掛けられないとして故郷を離れ,再び困窮することになります。困窮した又兵衛を豊臣家がスカウトし,次々回の大河ドラマ「真田丸」の主人公,真田幸村とともに徳川軍と戦う豊臣方の将となるという流れです。
 又兵衛は,同じく,小物長政と決裂して浪人した,かつての盟友で戦国最凶の男,水野勝成等が率いる徳川軍と道明寺で戦い,華々しい最後を遂げます。
 この辺りの胸熱の展開は,きっと「真田丸」で描かれるはずです!

 なお,又兵衛戦死のシーンで,又兵衛の陣羽織に名門播磨後藤家の家紋「下り藤」ではなく,黒田家の「巴藤」が描かれていました。ちなみに官兵衛の元主君の小寺家の紋は赤松氏の巴紋に藤を加えた「巴藤」紋です。藤紋は藤原氏出身を自称する播磨の武将が好んで使った紋です。
 本当のことを言うと,「官兵衛が有岡城幽閉中に獄中から見た藤の花に感動して,家紋を藤巴にした」というのは作り話というのが濃厚です(-_-;)
 嘘だとばれないようにするためか,小寺家の家紋はドラマに出てきていません。

 ラストのシーンで,光と長政が官兵衛を思い起こしながら庭を眺めますが,庭には官兵衛の象徴として水の流れとともに藤の花が使われていました(-_-;)

 久しぶりに一年間完走できた大河でした。役者さんの好演が光りましたが,本当に脚本と演出が残念でした。中国大返しの後,山崎の戦い以降をきちんと描いていたら,視聴率20%を超えていたかもしれません。
 次々回の「真田丸」に期待しています!
スポンサーサイト

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第49回 「如水最後の勝負」 あらすじ・感想

 いよいよ最終回が目の前に迫った軍師官兵衛。今回も,残念な構成を除けば,見どころがソコソコありました。
 天下分け目の合戦が迫る中,家康方の黒田長政は,小早川秀秋,毛利家重臣の吉川広家等の調略に成功します。
 あせる三成は淀君に秀頼出陣を願い出ますが,却下されます。関ヶ原本戦の描写は家康のシナリオに三成が引っかかったという小説等でオーソドックスなパターンです。家康が余裕綽々に描かれていますので,徳川秀忠が遅れていることはスルーのようです。ただ,関ヶ原本戦に時間を取られすぎて,本題のはずの九州戦線があまり描かれないのは残念な気がします...
 九州で兵をあげた官兵衛は,西軍の勢力が強い豊後に侵攻します。手始めに高田城に籠る竹中半兵衛の従弟の竹中重利を下し,東軍に引き入れます。大河ドラマでは,官兵衛が天下を狙ったという設定ですので,加藤清正や細川忠興の重臣の松井康之等と連携していたことはスルーのようです。実際には竹中重利ともつるんでいたと思いますが,ドラマでは武力で制圧したようになっています。
 いよいよ,最後の敵,大友吉統が登場。官兵衛が今まで戦ってきた敵の中でも,戦闘力・知力とも最弱クラスの武将です。大河ドラマ史上最弱のラスボスです!
 大友吉統は,徳川方につくべきという家臣の諫言にも耳を貸さず,豊後に上陸します。大友が朝鮮で敵前逃亡したため改易されたことを官兵衛主従は笑い物にしていましたが,大友が敵前逃亡したというのは,小西行長が明の大軍に追われて黒田長政が保護した際の出来事です。ドラマの中で少しでも大友のことに触れていれば,話がつながったのでしょうが,構成が残念です。
 どこかで見たような関ヶ原本戦は感想では飛ばして,石垣原の戦いに入ります。官兵衛軍は大友軍の伏兵攻撃により大打撃を受け,序盤は敗北気味になってしまうはずですが,時間がないのか,次のシーンで官兵衛軍が反撃し,大友軍は逆に押され気味になってしまいます。
 戦いの最中,大友旧臣の吉弘統幸と官兵衛の家老井上九郎右衛門が一騎打ちし,井上が勝利します。戦いの前後,吉弘統幸と黒田家の関係が語られますが,前もって吉弘統幸を黒田配下の武将として登場させておくとか,ドラマの中で少しでも触れられていたらと...
 敗北した大友吉統は,剃髪して官兵衛に降伏します。官兵衛と太兵衛,九郎右衛門,善助等は,平伏する大友吉統に言葉一つ掛けるでもなく次の戦いへと移ります。が...母里太兵衛さん,大友吉統は貴方の義理の兄さんじゃないですか...ちょっと薄情すぎます... 九州に飛ばされた中川家とも色々あるのですが,時間がないのかスルーされます。あれだけ中川清秀さんを悪者にしていたのに...

 俺たちの戦いはこれからだ!というところで,次回は選挙を挟んで,いよいよ最終回「「乱世ここに終わる」となります。消化試合の予感!
 30話後半~秀吉が死ぬまでのグダグダ展開を減らして,もう一話か二話でも,最後の戦いに充てていれば...

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第48話 「天下動乱」 あらすじ・感想

 いよいよ佳境に入ってきた軍師官兵衛。史実とか構成とか,細かいことを考えなければソコソコ面白かったです。

蟄居中の石田三成は大坂で挙兵。このドラマでは家康が罠にはめたという設定です。作り話(しかも,あまりレベルが高くない...)ですので,野暮なことは言わないでおきましょう。
 天下騒乱を横に官兵衛(如水)は,いままで貯めてきた金を元手に中津で兵を集めます。浪人,農民,町民と身分を構わず兵を集め,多数の兵力を確保します。官兵衛は給金を二重取りした武士を許し,二人分働くように命じます。

 三成は大坂居住の大名の妻子を人質に取りますが,官兵衛の妻の光と長政の新妻の栄は善助と太兵衛等の機転で無事に中津に逃走します。
 逃走劇自体は面白かったのですが,話が長すぎです。家康&三成サイドの話も長すぎですので,官兵衛自身の出番は10分程しかありません...
 
 家康は小山で会議を開きます。事前に長政が調整していた福島正則の一言で,家康支持に流れが傾き,軍を西に転進させます。
 
 九州で官兵衛が不穏な動きをしていることを三成派の安国寺恵瓊は危惧します。三成は改易された大友吉統を召喚し,打倒官兵衛に当たらせます。いきなり最後の敵、大友吉統が官兵衛への刺客として登場したため,「この人,誰?」と視聴者が混乱しないか心配です。大友吉統は,初登場ではなく,既に一回出てきています(どこで出てきたかは内緒)。ちなみに大友吉統は母里太兵衛の義理の兄ですが、軍師官兵衛ワールドでは、無かったことになっているのかもしれません。
 大友吉統は、なかなか格好良い登場場面だったため物凄く強そうに見えますが...実は大河ドラマ史上最弱クラスのラスボスです...軍師官兵衛の序盤の宿敵,龍野城主の赤松政秀の方が大友吉統より,遥かに戦国武将として有能です...ガンダムでいうと、最後の敵がジオングだと思ったらボールだったという感じです。最初の敵(ザク)の方が遥かに強い...

 官兵衛と家臣が天下取りの妄想に浸る中,関ヶ原の戦いのキーパーソンの小早川秀秋が登場。歴史にあまり詳しくない人なら,なぜ小早川隆景の息子が,おねとフレンドリーな会話をしているのかと疑問に思うかも...ドラマでは,ほとんど触れられていないので,わからない人は歴史好きの人に聞くか自分で調べるかスルーして下さい(-_-;)

 官兵衛,長政,家康,三成,大友吉統などなど,多くの人の思惑が交錯する中,次回に続きます。

大河ドラマ「軍師官兵衛」第47回 「如水謀る」 あらすじ・感想

 史実との違いとか,前話までの整合性はどうかといった些細なことを無視すれば,非常に面白くなった軍師官兵衛!岡田准一には悪人が似合います!
 
 謀略・暗殺大好きな赤松系武将の本能に目覚めた官兵衛は,突如,天下を簒奪する野望を抱きます。官兵衛(如水)は,おね(高台院)に大坂城西の丸を家康に譲るよう勧めます。三成の子?秀頼に豊臣家を譲るのが我慢できないのか,おねは家康を大坂城に入れ,淀君との対立を煽ります。
 小西行長の母で,なぜか未だに侍女をやっているマグダレナは不安な表情を浮かべます。
 BSNHKの「英雄たちの選択」では,おねと淀君は親密な連携関係にあったとしていましたが,些細な事は気にしない!

 大坂城に入った家康に黒田長政が会見。家康はなぜか如水の動向が気になります。
 一方,ひそかに天下取りの作戦を練る官兵衛は長政に別れを告げます。官兵衛は自分の道を歩くと宣言します。
 
 官兵衛は三成の居城佐和山城を訪れます。何故かちょっとリッチな佐和山城で,三成に家康打倒の策を伝授します。上杉に兵を挙げさせ,徳川家康が上杉討伐に出た隙に秀頼を旗頭に大坂で蜂起すれば,東西から家康を挟み撃ちにできると指南します(そんな,あほな)。
 官兵衛は「実際にやったらあかん」とダチョウ倶楽部のような念押しをしますが,家康勝利の後に三成に策を伝授したことがばれたら大変なことになると思います...

 中津を訪れる途中,広島に立ち寄った官兵衛は,毛利首脳と会見します。三成派の安国寺恵瓊は,俺とおぬし(官兵衛)で豊臣の天下を作った!何としても豊臣の天下を守ろうと官兵衛を説得します。安国寺恵瓊より小早川隆景の功績の方がずっと大きいだろうと突っ込みたい...
 小早川関係者が同席していないのは,小早川家は,黒田官兵衛の謀略で大人の事情で実質的に毛利家から離脱したためです。凡庸な当主毛利輝元の背に三本の矢が飾ってありましたが,そのうち一本の矢は折れてしまっています(^_^;)
 
 家康に心酔する長政は,折り合いの悪い妻糸を離縁し,家康の養女栄姫を後妻に向かえます。糸の別離のシーンでは,母と生き別れになる娘が糸にかけより,うるっとさせられます。ホームドラマパートにしてはめずらしく名場面でしたが,個人的には,いつまで善助の妻,お道が侍女をやっているのかの方が気になります。

 いよいよ,家康は上杉討伐に出陣します。長政も竹中半兵衛ゆかりの一ノ谷兜で出陣。一ノ谷兜で馬を走らせると風圧が強そうです。
 上杉討伐の隙を突いて三成も挙兵。いよいよ天下分け目の戦いが始まります!このドラマでは,家康の筋書き通りという設定です。この辺りを突っ込むのは野暮です。

 中津で官兵衛は,面白くなってきたと最高の笑みでニヤリと笑います!
 官兵衛さんが前話まで「平和」を訴えていたことは,無かったことにしましょう!

 赤松系武将はこうでなくては!秀吉に贅沢な暮らしをさせられて毒気が抜けた宇喜多秀家の分も頑張って欲しいです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」 第46回 「家康動く」 あらすじ・感想

 朝鮮の日本軍は支障なく日本に帰国していきます。黒田長政も領国中津に戻り,父官兵衛に三成の悪口をぶちまけます。
 一方,小西行長も帰国。三成に加藤清正の悪口を告げ口します。さんざん,官兵衛を頼りながら,突然,三成派になってしまった小西行長の行動を突っ込んだら負けです。

 家康が悪だくみを図る中,官兵衛は長政と共に上洛します。長政は妻糸と娘菊に面会しますが,相変わらずホームドラマパートは残念です。
 
 三成派と家康派の対立は深くなります。三成と小西行長は加藤清正&長政の朝鮮での行動を訴え出たため,家康を頼ります。長政は加藤清正より早く帰国したので,釜山周辺の焼討とは無関係ではないかと思いますが,突っ込んだら負けです。
 一方,徳川家康も自作自演の暗殺疑惑の悪だくみで対抗します。立場の弱くなった三成派は,四大老に工作。家康を糾弾するため生駒親正が派遣されますが,逆に家康に恫喝されてしまいます。家康が信長時代からの勇士で長老格の生駒親正にあんな失礼な態度をとるはずはないと思いたいのですが,突っ込んだら負けです。

 三成派と家康派の決裂により,三成,長政等は戦闘準備を初めます。平和の人,官兵衛は,今回で初めて登場した前田利家に「あんたは天下人になれない」と説得。三成派,家康派の対立を抑え,大乱の勃発を回避させます。このドラマでは,官兵衛は三木城包囲戦等,前田利家の手柄を横取りしている件は内緒です。
 なかなか迫力のあるシーンでしたが,この後,唐突に官兵衛は自分が天下を狙うと宣言してしまうため,長政を抑えるシーンともども,無かった方が良かったと思います...

 淀君・三成から大坂城本丸を追われるような形で出たおねは,官兵衛と面会。豊臣の世は一代限りと語り,新たな天下人の登場を望みます。官兵衛はおねの発言で吹っ切れ,再び,ブラック官兵衛へとジョブチェンジします。そもそも平和を求めるホワイト官兵衛路線で行ったのが,このドラマ最大の失敗です。
 主役の岡田准一さんがやりたかったであろうブラック官兵衛が復活し,ラストまで突っ走ってくれないかと期待します。

 長政と病み気味の糸が口論しますが,ウルサイ...視聴者にさっさと離婚してほしいという気にさせるためでしょうか...

 ここで前田利家死去,石田三成襲撃事件が勃発します。加藤清正等に追われた三成は家康に助けを求め,命は助かりますが,隠居させられます。
 官兵衛は家康に,息子長政が三成襲撃事件で世を騒がせたことを謝罪すべく,家康と面会します。官兵衛は家康の野望を感じ取り,自分も天下取りに乗り出すことを決意します!

(突っ込み)
 このドラマでは,官兵衛が天下取りの野望を持っていたという設定ですので,官兵衛は家康との天下取りレースに敗北することになります。
 寺尾聡さんの家康が見るからに胡散臭く,頭脳も冴えわたっています。官兵衛より数段上の謀略家に見えてしまうため,家康>>>>>二流の人官兵衛になってしまわないか心配です。
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。