スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登場人物紹介(山崎の戦い①)

戦え! 官兵衛くん。登場人物紹介 山崎1 
  いよいよ、物語も本能寺の変から中国大返し、山崎の戦い、清州会議へと佳境に入っていきます。
 登場キャラも増えてきたので、主人公周辺の人物の紹介をします。

 羽柴秀吉(上図右)
 織田信長の重臣。毛利軍との対決中に本能寺の変が勃発するも、毛利と和睦し、危機を切り抜ける。
 明智光秀を倒し、織田家乗っ取りを企てる極悪人。

 堀久太郎秀政(上図中)
 織田信長の側近兼元愛人。織田信長の寵愛を受けながら、秀吉に協力し、織田家乗っ取りに加担する。
 何でもできるので「名人」と呼ばれる。

 黒田官兵衛孝高(上図左)
 羽柴秀吉の軍師。大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公。
 羽柴秀吉の織田家乗っ取りと天下統一をサポートしていく。
 山崎の戦いでも大活躍する。

 織田(神戸)信孝(下図左)
 織田信長の三男。父信長、兄信忠の死後、配下の逃亡により、光秀打倒どころではなくなる。
 山崎の戦い後、織田家を支えようとするが、秀吉達の謀略により自滅していく。

 丹羽長秀(下図右)
 織田信長の重臣。本能寺の変の際は、信孝と共に四国討伐軍に加わっていた。山崎の戦い後は、勝ち馬に乗るべく羽柴秀吉に接近し、秀吉の織田家乗っ取りに協力していく。
スポンサーサイト

登場人物紹介 ~三好関係者 その2~

戦え!官兵衛くん 登場人物紹介 三好関係者その2
 いよいよ黒田官兵衛の淡路・四国攻略が開始されます。官兵衛の味方となる阿波の三好関係者の紹介第二弾です。
 かなり、人間関係がグチャグチャです(^_^;)
  その1は⇒三好関係者 その1
  詳しくは⇒三好氏系図

 十河存保 天下人三好長慶の弟の三好義賢(実休)と小少将との子。三好長治の弟。

 三好長治 阿波三好家当主で十河存保の兄。戦国最凶の男の一人。

 細川真之 阿波守護細川持隆と小少将との子。三好長治、十河存保の異父兄。
        父細川持隆が三好好賢に殺害された後、三好家の傀儡にされる。

 小少将  絶世の美女。
       阿波守護細川持隆の妻であったが、持隆が殺害された後、三好義賢の妻となる。
       義賢の死後、三好重臣の篠原自遁の愛人となる。
       細川真之、三好長治、十河存保等の母。

 篠原自遁 三好重臣。名将篠原長房の弟であるが、三好長治等と兄篠原長房を殺害する。 

登場人物紹介 ~長宗我部関係者~

戦え!官兵衛くん 登場人物紹介 長宗我部関係
 いよいよ、「戦え!官兵衛くん。」も、次々回から淡路・四国編に突入します。黒田官兵衛の行動が日本の歴史に大きな影響を与えることになります!
 それでは、四国の雄、長宗我部氏の関係者の紹介を。

 長宗我部元親 四国統一を目指す英雄。織田信長の場当たり的な外交政策に翻弄される。

 元親夫人    明智光秀の家臣、斎藤利三の異父妹。

 香宗我部親泰 長宗我部元親の弟。

 一領具足    半農半士の土佐の郷士。鎧を一領しか持っていないくらいの生活水準から一領具足と呼ばれた。

 長宗我部信親 長宗我部元親の嫡男。織田信長から「信」の字をもらう。

 斎藤利三    明智光秀の家臣。石谷頼辰の弟、元親夫人の兄で、織田信長重臣の稲葉一鉄の娘婿。春日局の父親。

登場人物紹介 ~三好関係者その1~

戦え!官兵衛くん 登場人物紹介 三好その1
 いよいよ、天正9年に入り、官兵衛の周りも歴史の大きな渦に飲み込まれていくことになります。この漫画では官兵衛は大きな流れに巻き込まれていったという設定ですが、本当は黒田官兵衛が積極的に謀略を行い、歴史を動かしていったのかもしれません...

 それでは、官兵衛によって運命を変えられてしまう三好家関連の登場人物紹介の第一弾。
 詳しくは⇒三好氏系図をどうぞ。

 三好長慶 織田信長以前の天下人。良い人だが、精神の均衡を崩してしまう...
 
 三好三人衆 一度は天下の覇権を握ったのに、小説・ドラマでは、守旧派の集団みたいに扱われている人たち。

 三好康長 織田信長と敵対した後、第122話(⇒第122話)で降伏。その後は織田信長の重臣となった三好長老。

 篠原長房 三好重臣。信長が恐れ、官兵衛が頼りにしたはずの名将。第97話(⇒第97話)で戦死。

 三好義継 三好氏当主。伯父三好長慶の養子となる。第98話(⇒第98話)で戦死。

登場人物紹介 ~宇喜多一門~

戦え! 官兵衛くん。登場人物紹介 宇喜多一門
 いよいよ、天正9年には備前の天才謀略家、宇喜多直家が死去します。宇喜多直家が死の淵に瀕した頃から、毛利家は山陽方面での攻勢を強め、戦いの舞台は備前・備中へと移ります。

宇喜多直家 暗殺の天才。大腸ガンにより天正9年秋~冬頃?死去。

宇喜多秀家 直家の遺児。後に秀吉の養子となる。男前キャラ。

円融院  直家の未亡人。三浦貞勝の元妻。
     大河ドラマ「軍師官兵衛」では「お鮮」として笛木優子さんが演じます。
     前夫三浦貞勝が三村家親により殺された後、前夫の敵の三村家親を暗殺した(⇒第14話)宇喜多直家の妻となる。
     直家死後の宇喜多家の庇護を秀吉に頼む。

三浦桃寿丸 円融院と三浦貞勝の子。宇喜多直家の遺児の秀家と共に秀吉の保護を受ける。

宇喜多忠家 宇喜多直家の弟。宇喜多直家死後の宇喜多家をまとめ、備中攻略等に活躍する。
プロフィール

kurokanproject

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。