スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「真田丸」 第13回「決戦」 あらすじ・感想

 今回は、前半最大の見せ場(のはず)の、第一次上田合戦です。
 家康・北条と沼田城返還をめぐって対立していた真田昌幸を討つべく、家康は、少年時代からの近臣の鳥居元忠に真田氏の上田城攻略を命じます。今までの大河のノリでは、関ケ原の合戦の前哨戦の伏見城の攻防戦での鳥居の死と家康との別れの場面を描くはずですが、主人公の出てこない場面は極力避ける方針の本作では省略されると思われます。
 忠臣の鏡とされているのに、なぜか本作では態度が横柄で性格が悪そうな鳥居さんとは、これでお別れになりそうな予感。

 7000の大軍で真田領に侵攻した徳川軍に対し、智将真田昌幸率いる3000の真田軍は正面での対決を避け、知略で迎え撃つことになります。

 上田城に迫った徳川軍は勝利を確信していましたが、徳川軍の本陣の目と鼻の先で真田信繁が高砂を舞い、徳川軍を挑発します。
 信繁の挑発に乗った徳川軍は、さしたる抵抗も受けずに上田城の二の丸にまで攻め込みますが、これは真田昌幸の策略でした。
 なぜか、このドラマでは上田城の最重要機密である縄張り(構造)を、築城に協力した徳川軍が事前に把握していることを無視していますが、徳川軍が城内まで深入りしてしまったのは、縄張りを知っているとの過信があったのかもしれません。

 上田城の奥深くまで誘い込まれた徳川軍は、上田城内に仕掛けられた風雲たけし城チックな罠や柵によって足止めされていたところを、側面から堀田作兵衛らの伏兵に攻められ、大混乱となります。
 さらに真田軍の別動隊は、せき止めていた川の堰を切り、水攻めで徳川軍の退路をふさぎ、壊滅状態にさせます。
 
 合戦は、真田軍の大勝利に終わるのですが(ただし、紀行の徳川軍の戦死者1300人は盛り過ぎな数字だと思われます)、 真田軍の伏兵部隊の主装備が竹やりというのが、萎えます...
 真田軍を陰で支援していた梅は徳川軍の敗残兵に襲撃され死亡。唐突過ぎ&今回の梅の行動がうざ過ぎて、素人が戦場をうろちょろして死んだとしか思えません。徳川兵は、包囲していた柵を破って脱出したということですが、柵を破っても城の二の丸は堀に囲まれていますので、脱出した徳川兵が上田城の堀をどうやって突破したのかは謎です。

 予算を削減するためか、真田軍主力部隊の登場は殆どありませんでした。ほとんど信繁と堀田作兵衛の部隊で決着をつけたようなものでしたので,ドラマの中では徳川軍100VS真田軍30の対決みたいな感じでイメージされた方が良いかもしれません。
 CGで毛利の大船団を描いた軍師官兵衛みたいにCGでもいいので、もう少し迫力のある合戦場面を描いてほしいです。
 
 
スポンサーサイト

大河ドラマ「真田丸」 第12回「人質」 あらすじ・感想

 相変わらず「きり」がうざい真田丸。今週は織田信長公の偉大さが伝わった回でした。

 上杉の傘下に入ることを決意した真田家は、信繁を上杉の人質に差し出します。
 上杉景勝は偽の人だと吹聴する信繁は、上杉景勝と面談。景勝は、私利私欲に走った信長の末路を見ろ等と信繁を諭しますが、信長が私利私欲に走った点についてソースを出せと小一時間...

 信繁が上杉領内を散策してると、村同士のもめ事を鉄火起請で解決しようとしている場面に出くわします。鉄火起請とは、焼けた鉄を握らせて、勝った方を勝訴させる神判の一種です。
 信繁は鉄火起請では事実が分からない等と上杉の役人に因縁をつけ、神判をやめさせてしまいます。
 若き日の織田信長公は、織田家の権威を傘に不法を働いた乳兄弟池田恒興の家臣を断罪するため、自ら焼けた鉄を握って神意を確かめましたが、真田丸の信繁には、そんな根性は無いようです。

 その頃、徳川家康は、さんざん徳川家をコケにする(おそらく史実とは違うと思われます)真田討伐を決意。7000の兵を真田討伐に差し向けます。
 次回、いよいよ真田VS徳川の戦いが繰り広げられます。

大河ドラマ「真田丸」 第11回「祝言」 あらすじ・感想

 仕事が忙しいため、久方ぶりになってしまった「真田丸」の感想。
 今回は、きりの出番を除いて、かなり面白かったです!

 それでは、あらすじ。
 徳川家康は獅子身中の虫、真田昌幸を除くべく、信濃の国人、室賀正武に昌幸暗殺を命じます。
 「家康に、『室賀が率先して真田暗殺を提案した』と報告しちゃったからね」と、本多正信に梯子を外された室賀正武は昌幸暗殺を決意します。

 ちょうどその頃、真田信繁は梅との婚礼を計画します。梅との婚礼は紆余曲折を経て、無事に開かれることになりますが、暗殺の情報を得た昌幸は、室賀正武を返り討ちにすることを画策します。
 梅との婚礼では、どうみても現代人としか思えない「きり」が梅に嫉妬。

 戦前までの日本は、性の治外法権みたいなワールドが広がっていましたが、なぜか性的にストイックな真田信繁は、梅に「側室といえども、実質は正妻」とよくわからないエクスキューズをします。
 この調子だと、九度山幽閉時代に村娘に××したことはスルーされるかもしれません。

 婚礼の席を外した室賀正武と真田昌幸は、囲碁を打ちながら、丁々発止のやり取りを繰り広げます。二人の緊迫感あふれるやり取りが手に汗握ります。
 そこへ、KYな「きり」が乱入。現代人感覚な世迷言を並べて、視聴者と真田信之をイラつかせます...室賀さんより、きりを殺害して欲しい...

 ここで婚礼の席に場面が変わります。
 婚礼の場を血で染めることになるため、真田昌幸は信繁に室賀暗殺のことを伏せていました。このため、室賀暗殺の場に信繁が足を踏み入れそうになると、病弱な信之の妻が機転を利かせ、信繁を引き留めます。

 真田昌幸は、室賀を「家臣になれ」と説得。室賀さんは暗殺をあきらめ、懐の短刀を差し出しますが...昌幸の隙を狙って、隠し持っていた小柄で昌幸暗殺を図ります!!!
 しかし、間一髪、イケメン出浦さんの手裏剣がさく裂!室賀は返り討ちにされてしまいます。

 その場に居合わせた「きり」が、意味不明な暴言を吐きます。早くSATSUGAIして欲しい...

 騒ぎを聞きつけ、駆け付けた信繁は室賀の死体を見て呆然としますが、きりは現代人感覚MAX
 早く退場してほしいと、視聴者の願いも増大させます。

 真田丸最大の戦犯「きり」...

 
 

大河ドラマ「真田丸」 第7回「奪回」 あらすじ・感想

 視聴率が微妙に下がり気味の「真田丸」。薫、松、きりの三戦犯の一人、松は前回で一時的にフェードアウトしてくれましたが、今回は、きりの鬱陶しさが全開でした...それでは、あらすじ。

 本能寺の変のどさくさに、関東の雄、北条氏は、落ち目の滝川一益を攻め、神流川の戦いで破ります。神流川の戦いは一瞬で終わります。
 真田昌幸は、そのどさくさに旧領の沼田・岩櫃城を奪還しますが、懐の深い滝川一益は、自身の本拠地の伊勢への帰還にあたって沼田を真田に返すつもりであることが判明。昌幸は無駄に悪だくみをしていたことになります。
 ※本能寺の変以後の周辺の各勢力の動向は、史実とかなり変えられています。

 真田昌幸は上杉に信州攻めをけしかけますが、義に厚い上杉景勝は消極的な姿勢を見せます(もちろん、作り話です)。
 謀略家の真田昌幸は、北条にも通じ、漁夫の利を得ようと画策しますが、現代人から見ると単に下種な妄想をしているおっさんにしか見えないかもしれません。個人的には面白いと思うのですが、謀略を許容できるかどうかが、真田丸を受け入れられるかどうかの一つのポイントかもしれません。
 まぁ、実際の戦国時代は、非常にえげつないことをやっていますので、このドラマの真田昌幸でも、細川晴元さんあたりの陰謀家と比べれば、ずっと誠実かつクリーンです(^^♪

 このドラマでは、真田昌幸が天正壬午の乱を引き起こそうとしているという設定のようですが、各勢力の旧武田領への侵攻が史実よりもずっと遅かったりしたのは、昌幸を引き鉄にするためだったということが判明します。

 滝川一益の下に人質に出された、ゴッドマザーの「とり」を救出すべく、影の薄い主人公の真田信繁は、滝川の城に忍び込みこみますが、とりに付き添っていた「きり」が忘れ物を取りに帰ると言い出して、滝川方に発見されてしまいます。
 滝川にとらえられた信繁は、とり達とともに、滝川勢が木曽義昌の領地を通行する代償として、木曽義昌に引き渡されてしまいます。
 時代考証の人の話では、実際には信繁は滝川一益の下に、とりとともに人質に出されており、木曽に引き渡された可能性が高いということです。ということは、信繁は武田滅亡後は滝川一益の監視下にあり、信繁が安土に行ったとか、信繁のせいで松が行方不明になったというのは作り話ということになります。
 それだったら、無理に信繁に安土行きをさせるより、当時は滝川配下で小説・マンガ・パチンコで人気者の前田慶次と信繁と絡めるといった展開をやった方がよかったと思います。

 非常にうざい「きり」は、信繁のせいで松が行方不明になったと責めますが、松が行方不明になったのは、他の人質も助けようとして逃げられなかったからで、どうみても松の自業自得だと思います。きりの言動は見ていて不快感しか感じられませんので、次回の視聴率も減るかもしれません(´・ω・`)

 不安に感じる人質の前に山賊の親玉にしか見えない木曽義昌が登場。肖像画とそっくりな俳優さんに驚愕です。肖像画だと髭は生えていないけど、あの顔に大爆笑です。
 ⇒木曽義昌の顔

 木曽義昌は、人質の前で、「俺が信濃を統一する!」「信州の材木王に、俺はなる!」等とアジりますが、とりに信玄公の前で小便を漏らしたことをばらされた上、裏切者扱いされ平身低頭。真田が言うなよと言いたいですが、とりの迫力に押されてしまいます。
 木曽義昌は、この話の直前に、森長可にひどい目にあわされていますので(⇒木曽義昌公の受難)、織田を裏切っても仕方がないと思いますが、とりに言いくるめられ、信繁ときりを解放することになります。
 自由になったきりは、さらにヒートアップ。言いたい放題で下がり気味の視聴率をさらに落とそうと画策します。

 木曽氏転封後の領地の千葉県旭市では、木曽義昌を顕彰するため、木曽義昌公史跡公園まで作られているほど慕われているようですが、あの扱いでは旭市民は激怒しないのでしょうか(-_-;)
 大勢力に挟まれた小勢力の悲哀を描くには、木曽義昌をしっかり描いて真田と対比させ、本能寺の変で運命に翻弄された人を描くには、やりたい放題の森長可と誠実な滝川一益を対比させた方がよかったと思います。松の行方不明は、伝聞でも十分だったと思うので、きりと松のエピソードを省けば、描写をする時間ができたと思うのですが...

 何だかんだいっても、真田丸は、去年の花燃ゆより、はるかに面白いので、うまく修正して、視聴率も挽回してほしいですね。 

大河ドラマ「真田丸」 第5回「窮地」 あらすじ・感想

 視聴率がやや下がり、NHK会長からも↓なことを言われてしまった真田丸。
 『真田丸』脚本を「つまらない」と一刀両断! アノ大物の“三谷節”批判で、現場大混乱!?
 
 コントが寒いこと以外は、出来が良いのに残念です。それでは、あらすじ。

 天正10年6月2日早朝、織田信長は本能寺で明智光秀に討たれます。
 6月2日午前中ころ、安土にいた真田信繁は,旅人から京で異変が起こったことを聞かされ,京へ偵察に向かいます。
 京都と安土は30キロくらい離れていますので、最初の一報は、火事を見た旅人の話から「何か異変が起こった」という程度の話が伝えられたというのが実情でしょう。

 同じころ、堺にいた徳川家康と穴山梅雪の下へ、本能寺の変が伝わります。徳川家康は、動揺しますが、伊賀越えのルートで三河へと逃走を図ることを決意します。茶屋四郎次郎と長谷川秀一はモブのようです。このとき信長の姪の少女が家康一行に同行していたとも伝えられますが(ウソ)、今作では登場しません。
 同行していた穴山梅雪は別行動を取り、一揆勢に殺害されたと伝えられています。最後まで同行した信長家臣の長谷川秀一は命拾いします。

 6月2日午後、京に入った(安土と京は、早馬でも2,3時間はかかると思われます)信繁は、本能寺で織田信長が討たれたことを知ります。なお、近江の西部は明智光秀の領地ですが、何事もなく通行できるようです。
 6月2日、織田信長に忠誠を誓う山岡景隆が、明智軍の行動を妨害するため、瀬田の大橋を焼いております。このため、明智軍は迅速な行動を妨害され、安土に入るのがかなり遅れます。

 6月3日、信州の真田昌幸の下へ、信繁からの織田信長が討たれたとの一報が届きます。
 まずは昌幸に一報を伝えたのはナイスですが、こんなに早く信州に連絡が届くのは、携帯電話か何かをつかっていたからでしょうか(^^)/
 同じ頃、明智光秀の使者も真田昌幸に本能寺の変を伝え、助力を乞いますが、真田昌幸に軟禁されてしまいます。
 真田昌幸は、信濃の国人衆に上杉について信濃から織田勢力を追い出そうとアジりますが、一蹴されてしまいます。

 6月3日か4日に、上杉景勝の下へ真田の使者が訪れ、助力を願いますが、織田の猛攻の前に滅亡の危機に瀕している上杉に断られてしまいます。上杉の力を借りて勢力拡大を図ろうとした真田昌幸の目論見は泡と消えてしまいます。
 6月3日に上杉方の魚津城が落城しておりますが、その直後くらいの時点になろうかと思います。
 なお、羽柴秀吉が本能寺の変を知ったのは、6月3日の深夜か4日未明とされておりますので、真田昌幸は秀吉や黒田官兵衛より先に本能寺の変を知ったことになります(-_-;)
 6月4日、家康一行は伊勢の港まで二里のところまできます。なぜか、明智の兵が家康一行を待ち受けていることになっております(-_-;)明智の直属軍がここまで展開しているとは考えられないので、明智の要請を受けた勢力だと解釈しましょう。
 6月4日中に家康は三河に到着し、人生最大の危機の一つを脱します。

 同日、真田昌幸は織田重臣の滝川一益と面会。まだ本能寺の変を知らない滝川一益は、湯治でもしたいとか戦のおきぬ世が近い等とのほほんとしたことを言います(滝川一益が知ったのは6月7日か9日)。
 6月4日か5日、安土へと向かう明智光秀の軍勢を追い越した真田信繁は、馬で安土に入り,姉の松と人質の女性を連れて、安土脱出を決意します。
 この間、信繁は京で情報収集でもしていたのでしょうか。松は放置状態にされています(^^♪ 
 6月5日、山岡らの妨害に悩まされた明智軍が、ようやく安土城に入ります。信繁と松は、多数の人質をつれて、秘密の抜け道から命からがら安土城を脱出します。安土城は築10年の比較的新しい物件ですが、抜け道が年代物のように苔むして、タヌキの遊び場になっているのは謎です。

 細かい点をよく見れば、時系列がおかしい(特に真田昌幸&信濃国人が本能寺の変を知った時期)のですが、それを感じさせない矢継ぎ早の展開で、45分があっという間に過ぎます。
 ただ、あの出来の悪いコントを受け入れない人もかなりいるだろうなとも感じさせられます。舞台や映画は、三谷ファンしか来ませんが、テレビは三谷テイストが合わない人もみるので...
 今回も真田昌幸の妻の「信長が死んで、織田の人質の松が人質を解放されるので良かった」という斜め上のセリフにドン引きです。

 私も、早めに路線修正した方が良いと思いますが、トップが現場に口を出して上手くいった事例が少ないですし、籾井会長一押しの昨年の某大河ドラマの大失敗がありますので...下手に三谷テイストを薄めると三谷ファンが離れる結果になるかも(-_-;)
プロフィール

Author:kurokanproject
NHK大河ドラマ軍師官兵衛の主人公黒田官兵衛を紹介するマンガを描いています。
織田信長や羽柴秀吉といった歴史上の大人物、黒田官兵衛、小寺政職、赤松政秀、別所重宗といった播磨の武将達や、浦上宗景、宇喜多直家、荒木村重、松永弾正といった一癖も二癖もある連中が活躍します。

↑ポチッとして頂けると励みになります。
ぜひ、第0話から読んでみてください(*^_^*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。